top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

Aボール物語 ③

更新日:4月5日

 酒飲みは一杯のグラスに思いを詰め込むロマンチストばかり、何処どこの店での一杯に思いをはせる。かくいう僕もこれまで、赤坂見附のバー木家下の開高マテイーニ、新宿伊勢丹サロン・ド・シマジのマッカラン、銀座7丁目ライオンのサッポロ生、老舗居酒屋では大阪の明治屋、名古屋の大甚、京都の赤垣屋の銘柄不明の銅の燗付器から注ぐ燗酒、バーザンボアのハイボールは大阪、神戸、銀座、京都の各店はさすがに変わらぬ味。古くはラッフルズホテルのシンガポールスリングも微かに記憶に残る。そして、最近小桜の「Aボール」がここに加わった。さらに、これから挑む赤羽丸健水産のダシ割りや浅草神谷バーの電気ブランなどなど、これから味わうであろうワクワク、ドキドキの一杯がたくさん控えている。困ったことに呑兵衛の性分は治らないようだ。


 小桜で「Aボール」を飲みながら、こんなことを思い出した。今から60年前だから小学校の低学年生、ある日、友人の清郎君を学校の帰り小桜に招待した。たまたま店の鍵を持っていたので、普段ありつけないコカコーラでもご馳走しようと思ったのだ。もちろんこっそり忍び込んでの悪ガキの思いつき。しかし、いざコーラを開ける際に二人はためらった。10セントのコカコーラはどうも気が引ける、罪悪感がわいた。そこでカウンターの下にある冷えてないボトルに変えた。栓を抜くと一気に泡がふきだす。「おっとっととー」と大人の真似をしながらショットグラスに注ぐ、ところがあまりの不味さに二人とも吹き出す。味のない炭酸は子供には無理だった。その後、清郎君とは終生の酒友になった。が、4年前肝臓がんでこの世を去った。


 不味い泡盛はコカコーラで割って飲むと美味しくなる。が、コカコーラが高い。そこでヒンスームン(金のない人)は無味無臭の安い炭酸で割っていた。「Aボール」の原点がみえる。あれから時代は大きく変わった。今や、炭酸は泡盛の味を消すどころか、味を引き立たせるためのものになった。あの手この手で酒を飲み続けたジョーグーたちの成果が今にある。酒は歴史とロマンを創る。「Aボール」が、泡盛の歴史とロマンを発信するきっかけとなる日はそう遠くない

閲覧数:61回1件のコメント

最新記事

すべて表示

時の記念日に

ここ数年左手にはめていた電波時計が狂いだした。気候変動のせいか、安物のせいか。空のままの左手がなんだか寂しくなった。そこで次なる時計を考えてみた。別に時間に追われている生活ではないし、時計を必要としているわけではない、が、仕事に追われて時間を忘れていた頃よりも、時間が刻まれることが気になってくるのである。老い先短い心境というものか、時計の針の進みがどうも気になってくるのである。 あえて気にしょうと

わんぱく戦争

復帰前の沖縄の子供たちはたくましかった。台風のさなかは防空壕に入ってるかのようにふとんにくるみ、真っ暗闇の中ぶるぶる震えていたのに、台風一過の翌朝は道路に乱れ飛んできた物品を拾い集めるのに奔走し、早朝の飲み屋街は、ビールのすえた匂いや、立ち小便の匂いが脳天ををつく、そんな路地裏にある酒場のすきまにあるジングワー(小銭)を探し集めたりした。 極付は国境超え、沖縄にはあっちこっちにアメリカという国があ

1 Comment


traindeprata
traindeprata
Apr 04

大将、上京『挑む赤羽丸健水産のダシ割りや神谷バーの電気ブランなど』ご案内いたします。

Like
bottom of page