top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

Aボール物語 ①

 小桜の酒のメニューに「Aボール」というものがある。ハイボールがウイスキーの炭酸割りなら「Aボール」は泡盛の炭酸割りとなる。AはAWAMORIのA、わかりやすい。近年のハイボールの人気ぶりから泡盛の炭酸割りの名称もありそうなものだったがなかなか出てこなかった。それならば小桜でつけようということになりAボールが誕生した。しかし、小桜だけの名称とは限ってはいない、どの泡盛でも炭酸で割れば、何処ででも誰がでも「Aボール」と言い合おうということにしている。

 最近、各泡盛メーカーが炭酸割り用の泡盛と銘打って新商品を出している。長い間の低迷から脱出をはかった泡盛業界、泡盛の炭酸割りでさらに上昇気流に乗ることを期待したい。


 さて、今の世、何処の酒場でも普通に泡盛が置かれている光景をみると隔世の感を禁じえない、昔は、泡盛はくさい!きつい!というのが万人のもつ泡盛観、よって今のように幅広く飲まれているわけではなかった。当時はウイスキー全盛時代、そんな時代でも、昔からの泡盛ジョーグーたちが絶えることはなかった。どうにかして泡盛を飲みやすくする方法を考えた。それがアメリカから来たコカコーラで割ることだった。元はウイスキーをコカコーラで割った「ウイスキー・コーク」というカクテルで「コークハイ」といった。アメリカーがやってることを真似た。泡盛でも同じく「コークハイ」といった。

 これは流行った。くさい泡盛がおしゃれなカクテルに変身した。コカコーラの他にセブンアップで割る方法もあった。セブンアップはレモン味の炭酸なので今でいうハイサワーってとこか、いつの時代でも酒飲みは知恵が働くものだ

閲覧数:69回1件のコメント

最新記事

すべて表示

「父の詫び状」

本屋で「父の詫び状」というタイトルが目に入り即座に購入した。これまでの父(自分)としてのふるまいをどう反省し、どう詫びたらいいのか参考にしようと思ったのでは決してない。1970年代、「7人の孫」や「時間ですよ」「寺内寛太郎一家」等のドラマをヒットさせた向田邦子のエッセイだ。向田邦子は台湾旅行の際に飛行機事故で51歳の若さで亡くなった。 「父の詫び状」は、明治生まれの向田の父の話だ。どうにも崩れない

時の記念日に

ここ数年左手にはめていた電波時計が狂いだした。気候変動のせいか、安物のせいか。空のままの左手がなんだか寂しくなった。そこで次なる時計を考えてみた。別に時間に追われている生活ではないし、時計を必要としているわけではない、が、仕事に追われて時間を忘れていた頃よりも、時間が刻まれることが気になってくるのである。老い先短い心境というものか、時計の針の進みがどうも気になってくるのである。 あえて気にしょうと

1 Comment


traindeprata
traindeprata
Mar 26

お願い

『Aボールグラス頒布』してください。

Like
bottom of page