top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

定年後

 スーパーで時折見かける初老夫婦の買い物、定年を迎えた夫を従えるように堂々と店内を闊歩する奥方、夫の押すカートに慣れた手つきで商品を詰め込む姿を夫はただただ眺めるだけ、口を挟めばやり込められる。主従関係が逆転した形だ。

 僕にはサラリーマン経験がないので定年を知らない、が、その経験者を多くみてきた。そのほとんどが定年後の夢を語っていた。我慢に我慢を重ねた40数年がすぎ、子供は巣立ち、家のローンも終わった。肩の重荷を下ろした後は少年の頃にやりたかったこと、プラモデルを組み立てる。夢見ていたサーフインをやる。若かりし頃結成したバンドの復活も、とそれぞれの夢とロマンを語っていた。そんな時は普段見ない輝きがあった。ところが実際に定年後にやりだしたのは家庭菜園だった。なぜか?これが最も家人の賛同があったからではないかと推察する。

 少年の頃の夢、青年の頃のロマンを語るとおそらく冷ややかな目で「何をいまさらそんな呑気なことをいっているの、これから少ない年金生活が始まるというのに」と言われるのがオチだ。という現実をいくらもみてきた。

 巷では認知症が声だかに叫ばれる。70歳近くになると、必ず認知症は起こるということを前提に保険に加入させられるし、認知症予防に関する医療もビジネスも花盛りだ。

 しかし、認知症になってもならなくても、生きている間は若い頃の夢を忘れず、思い描き続けることが大事だと思う。それを少しでも実現に向けるよう温かく見守る家人の存在が一番の認知症予防だと思うんだが・・・妻の後を追い、カートを引っ張るだけではなく、自分の夢を追い続けようではないか・・・と、自らに言い聞かせてみた。

 

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昼呑みのすゝめ ①

昔の話、出先の食堂で見た光景。ニッカポッカを着た中年の大男と小さい若い青年が入ってきた。店員に「あれ!」と言っただけで出てきたのは並々と注がれたコップ酒、それを二人とも一気に飲み干したあと食事をした。実に鮮やかな呑みっぷりでかっこよかった。 高所の作業の緊張を和らげるために飲んだのだろうか、酒の効用というものか・・・世間一般でいわれる、真っ昼間から酒飲んでこいつらは、という蔑みが消えて憧れを感じた

小桜十夜 <ジュークボックス>

今の世はいろんな分野で最新のテクノロジーを競い合っているが、昔のアナログ時代でも驚くべきテクノロジーがあった。それは、ジュークボックスという自動音楽再生装置。今は携帯電話からタダで音楽が流れてくるが、その前はCDやMDという媒体を使い、もっと前はレコードやカセットテープなどで音楽を聞いていた。そのレコードが何十枚と入ったボックスにコインを入れ選曲すると機械が自動的にレコードを選び曲が流れる。そんな

Aボール物語 ③

酒飲みは一杯のグラスに思いを詰め込むロマンチストばかり、何処どこの店での一杯に思いをはせる。かくいう僕もこれまで、赤坂見附のバー木家下の開高マテイーニ、新宿伊勢丹サロン・ド・シマジのマッカラン、銀座7丁目ライオンのサッポロ生、老舗居酒屋では大阪の明治屋、名古屋の大甚、京都の赤垣屋の銘柄不明の銅の燗付器から注ぐ燗酒、バーザンボアのハイボールは大阪、神戸、銀座、京都の各店はさすがに変わらぬ味。古くはラ

Commenti


bottom of page