検索
  • 中山 孝一

やちむん

更新日:2021年11月2日

 沖縄では陶器のことを”やちむん”という、焼き物だからそのまま読んでやちむんになる。昔本土から来た人は、この”やちむん”になれなくて、この”ヤムチン”いいね~という言葉が飛び交った。今では、焼き物の街、壺屋は観光客で賑わう”やちむん通り”となり、ヤムチンという響はなくなった。ちなみに”みみがー”は”ミミンガ”だった。

 約40年前、この”やちむん”に魅せられて、あっちこっちの工房を見てまわる日々が続いた頃があった。欲しいものがあっても金がないので手が出ない、だから鑑賞だけにとどめた。

 しかし、どうしても欲しいという気持ちがおさえきれず出た行動が、「じゃ、自分で作ろう」だった。今では陶芸教室はどこでも見られるが、当時は皆無と言ってもよかった。その中で見つけたのが、与那原にある「宮城製陶所」だったと記憶している。(陶工は宮城勝臣といって、のちに「現代の名工」になった人)そこへ那覇からミニバイクで週一回通った。

 技法は、手びねりといって、粘土細工をしているようなところから入った。何を作りたいのかによって陶工が見本を示し、それに沿って作るのだが僕の場合は、はじめは、皿だろうが、マカイだろうが、最後はぐい呑みの形にしかならなかった。よほどの酒好きだろうと思われたに違いない、まア、違いはないが

 昔、”やちむん”は男の最後の趣味だと聞いたことがある。それは、まず土をこねるところでガキだった頃の泥遊びを思い出し、それを火に投げ込めば火遊びになる、これも男の子は大好きだ。毎回教室が終わる時、土を購入して店でも作り始めた。店が終わって夜中から土を触り始める。一つの器をこね回し、眺めながら何度も手直しして終わりがない、ついに夜が明ける。こうしたことが何度もあった。その時実感する。成る程、これだけ夢中にさせる”やちむん”は男の最後の趣味かもしれないと、実際に土に触れ、作りを経験すると、好みの作者が見えてくる、その後、各地で開かれる陶器市には欠かさず顔を出し買い集めた。

 あれから何十年かして、ふっと思い出したように、”ろくろ”もやってみたいな、と壺屋を代表する陶芸家、国場 一に願い出た。氏は小学校の同級生なので快く受けてくれた。悪戦苦闘の日々が続いたが、一応”やちむん”の流れがつかめたことに満足した。当時、店の器は全て手作りするぞーと意気込んでいたが、今となっては断念したことが正解だったと思っている。

 現在、<小桜、小梅>とも”やちむん”が花盛りである。そのほとんどの作者は「深貝公拓」という、いわゆるナイチャーである。門外漢である。しかし、彼の作品を見ればそんなことはどうでもよくなる。どの作品にもウチナーンチュ以上にウチナーの精神が盛り込まれている。大胆にして繊細、束縛のない自由闊達さが、どの器にも一面に広がり、見る者触る者を魅了してやまない。

 

 その、深貝工房の展示会が昨年に続き、「小桜」の二階で開かれる。新進気鋭の陶芸家「深貝公拓」と築66年の古き「小桜」とのコラボは新しい伝統を生み出すに違いない

 

閲覧数:138回0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生の時、授業中におもらしをした。当時は授業中に「便所行きたーい」と先生に言う勇気のある子はまずいなかった。ご多分にもれずやってしまった。イスの下から少しづつ液体は漏れだした。少しづつというのは必死にこらえていたのだ、ゆっくり落とし靴で広げればそのうち乾くだろう、幸いにも教室には夏の陽射しが入り込んでいる。洗濯指数は100%だ。と、小さい頭をフル回転させた。冷や汗をかきながらの最後の一滴まで

数年まえ、竜宮通りを歩いていると向こうから手を振って近づいて来た男がいた。顔は友人と似ているが体型が見違えるほど細くなっている。僕に向かって開口一番「お前、まだ太ってるなぁ、入院したらすぐ痩せるよ」という。「入院?入院までして痩せようと思わんなぁ」というとすかさず「ごめん、ごめん入所ムショ、入院はとっくの昔に卒業したんだった」という。昔から生粋の悪ではないが、いわゆるやらかすタイプでその時々で少年

親子3代の入院 2022年8月29日はPCR検査受けた後の午後からの入院だったので、その前に昼食を取ろうと、美容室近くの食堂へ次男の祐作と行った。食べながら二つの出来事を思い出した。一つ目は今から41年前になる、父重則が心筋梗塞で沖縄県立那覇病院に運ばれた時だ、運んだのは救急車ではなく、タクシーだった。その日は結婚式があり二次会でもたっぷり飲んで家に帰ってしばらくしてだった、父が急に胸を掻きむしる