検索
  • 中山 孝一

牧志界隈を歩く その二

最終更新: 2日前


 国際通りと水上店舗と交錯する交差点、そこの角にはスタバがあり、もう片方の角には嶺井時計店がある。地元ではその界隈をむつみ橋交差点という、商店側は向かって右が「市場本通り」左が「むつみ橋通り」とある。その真ん中が、水上店舗になる。

 前回書いたように水上店舗の下にはガーブ川が流れている。それがジュンク堂を越えて久茂地川に合流する。この交差点からジュンク堂前までがまたしても川は道で覆い隠されることになる。

 さて、この辺りをよくみてもらうと何ともおかしな地形に出くわす、嶺井時計店の角の信号待ちの立ち位置に妙な勾配があることに気づく、これは水上店舗から外に出たガーブ川の上に道(沖映通り)を作った時かさ上げした名残りだ、だから道のところどころに段差が残っている。例えばジュンク堂手前の日本そばと沖縄そばの店は数段降りて入るようになっている。

 むつみ橋とはガーブ川にかかる橋だった。国際通りをつなげた橋だ

 このむつみ橋交差点には一つのドラマがある。ここに沖縄で初めての陸橋ができた。1970年前後のこと、物珍しさもあって地方から多くの人が見学に来た。わざわざ階段の上り下りをしに来たわけだ、ちょっとした牧志の観光地になった。

 その陸橋が1984年ごろ突然消えた。その頃、近辺にモダンなフアッションビルが建つという噂があった。しかしこの陸橋があっては景観上ビルの価値が損なわれる、よってこの陸橋を撤去しなければこのビルの設計はしないとゴネた有名な設計士がいたそうだ。ゴネた人は、安藤忠雄氏

 世界的に名を広める前に沖縄で一仕事をした。しかし、いくらゴネても国際通りは県道39号線といって、ちゃんとした公道である。そこに建つ陸橋だからこれも公のものとなる。一民間人が要求してもどうにもならない、それでも安藤氏はゴネたそうだ。誘致した国際通り商店街の役員たちは慌てた。しかし、ここは沖縄、テーゲーの邦、どういう忖度が働いたのか、どうにかクリアーして見事沖縄初の陸橋は撤去され、東京と見紛うようなフアッションビル「フエイステイバルビル」が誕生した。

 この話、どこにも載ってないが、当時の国際通り商店街役員から聞いた話なので信憑性は高い。その後このビルは、那覇オーパになりドンキホーテになった。この次もあるのか・・・

 この辺にはもう一つ気になる処がある。むつみ橋通り入り口のそばに青いペンキの古い建物がある。記憶が正しければ、そこは「南陽相互銀行」だった。そこには地下があった。これも記憶が正しければ、その地下には「コンパ パブロ」があった。コンパというのは今でいうガールズバー、カウンター越しに女子が接客する形態の飲み屋、当時若者に人気でいたるところにコンパがあった。そこに毎晩通った。同級生の溜まり場になっていた。

 ということを思い出し、現在ステーキハウスになった店のスタッフに尋ねてみた。「ここに地下ありますか?」と、「ハイ、あります。下も店舗です」と、「じゃ、今度予約していきます」といった。二十歳の頃にタイムスリップできることになった。47年前のあの頃に

 牧志という地域には秘めたものがいっぱいある。「国際通りは、東京フアッションに色目を使いながらも、どこかで、それに反発しようとする試験管のような冷ややかな理性の通りであり、街である。」と牧港篤三氏は「幻想の街・那覇」で述べた。

 冷ややかな理性をもつ街を探しに今日も歩こうと思う

オンラインショップはこちら


17回の閲覧

© 2014 by KOZAKURA        

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic