検索
  • 中山 孝一

川柳というもの 3


 かつて世界各国の国家を風刺する絵やら逸話等が流行った時期がありました。最近はみられなくなったような気がします。国の権力者を遠巻きに、滑稽に批判するという巧みさに思わず苦笑でした。庶民のささやかな抵抗でした。風刺を込めた川柳も面白いのではと思います。是非ご一緒に風刺川柳をつくりましょう。 

1.テレビ見て 真面目に薬を 飲みだした

薬をまともに飲んだことないのがこの状況で真面目な病人になった

2.喉痛み ついにきたかと 早とちり

持病の気管支炎でも気になってしょうがない

3.泡盛を 熟れたら飲もうと 腹に決め

泡盛の熟成まで待とうと決めるが・・・ついつい開けてしまう

4.政治家は どこから見ても 芸能人

芸能人には失礼!一緒にするなと怒られそう

5.認知症 明日は我が身と 身構える

最近特に、あれ、これ、言った?聞いた?諸々が増えた気が

6.不器用に 孫の遊具を リニューアル

孫の遊具の手直しを頼まれ張り切ったものの手が思うように動かない

7.もう終わる いつまで待てば もう終わる

支度に時間がかかる妻を急かすといつもこの返事、もう終わるから、と

8.英語の本 いっぱいあるけど 喋れない

我が家には英語の本がいっぱいある、どこの家もそうかな~

9.トランプさん アベノマスクは いらんかね

やっと着け出したトランプのマスク、アベノマスクの方が質いいよ

10.世界の民 行くあてなしの 難民に

今世界中安全なところはない、全人類宇宙に行くしかないのか      

                           佬白山 作

オンラインショップはこちら


33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

密造酒をつくってみた

こう書くと穏やかではないが、化学の実験をしてみたといえば許せるかもしれない。先日から息子が泡盛をはじめ酒全般までに興味を持ち出し教えを乞うてきた。昔、竜宮通りのママさんたちの為にと作った”酒ができるまで”の簡単な資料で説明したがどうもピンときてないようだった。それなら実際に酒を作ってみよう、ならば分かりが早い。となった。というと密造酒の常習犯と思われそうだが、実はそうなのです。前科者です。 20数

ダイエットと栄養学

今年の11月より始めた減量作戦、現在変化は緩やかだが着実に落ち続け、体型の変化も感じ始めた。こういうことをやるといつも思うのはもっと早くから気づいとけばという後悔だ しかし何でも思い立ったら吉日で、もし今回気づかなければそれこそ手遅れになりかねなかった。身体から脂肪が少しづつではあるが抜けていく快感はいいものだ ところで、この減量計画の方法はカロリー計算だけに特化した。あくまでも摂取カロリーと消費

LIBERTY FORCEとチムガナサ

今年ももう終わろうというのに見事な痛風(?)に襲われた。日頃の不摂生によることは重々わかってるが正月前に来るとは・・・実に情けない、身も心もズタズタだ、と言ってる場合ではないのだ 今年のうちに書いておくことがある。いいことがなかったこの一年の最後の12月に二つの素敵な出会いがあったのだ。どちらもこれからの時代に希望を与えてくれるものだった。 その出会いとは二人の若者の鋭い「感性」だった。 先日、家

© 2014 by KOZAKURA