検索
  • 中山 孝一

上杉鷹山


 うえすぎようざんと読む、この人物のことを知っている日本人は果たしてどれだけいるだろうか。僕が最初に目にしたのは、昔、ある新聞のコラムにのった、「上杉鷹山の経営学」という本の紹介だった。興味を持ったので、すぐに読み始めた。その初っ端に書かれていたのが、アメリカ大統領のジョン・F・ケネディに日本人記者がインタビューで、「あなたが一番尊敬する日本人は誰ですか?」の問いに、ケネディは即座に、「上杉鷹山」と答えたということからの始まりだった。

 それから読み進めて行くと実に面白いことがわかった。その日本人記者は、上杉鷹山のことを知らなかったようだ、なぜに日本人が知らないのに、ケネディが知っていたのか、それは、明治時代の代表的な作家に、内村鑑三がいる。その著「代表的日本人」をケネディは読んでいたのである。キリスト教信者である内村鑑三は、日本を代表する歴史上の人物5人を選び、それを各国の言語で世界中に紹介したのである。当初英語で書かれていたものを、和訳にされたものが、いま手元にある「代表的日本人」である。

 5人の人物とは、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人、である。実は、この本、昔に読み終わっていたものであることがわかった。それをすっかり忘れていて、「上杉鷹山の経営学」を読み、再度の購入になった。いま改めて読むと、忘れていた感動が蘇ってきた。

 なるほど、ケネディが尊敬する日本人としたのが頷ける。それは同じ政治家としての精神を学んだのだろう、と

 上杉鷹山は17歳の若さで上杉家の養子に入り、衰退の一途の山形の米沢藩の藩主になる。当初100万石の大藩が30、15万と下がり、その国の民衆の様子は見るも無残な貧困にあえいでいた。それでも藩のお偉方は大藩の慣習が抜けなく、贅沢三昧で改革のノロシもあげないでいた。

 それを見かねた鷹山は、思い切った改革案を次々と断行していく、17歳の若さゆえ、幾多の困難が待ち受ける。しかし、最後まで貫いた精神が、民への愛であった。その深き愛が徐々に民衆にも、藩士の下から上までにも理解が及び改革は進んでいく。

 有名な話がある、初めて藩の様子を見て、これからどうすればいいのか考えている時、偶然火鉢の中の火が消えかかった。家人が、取り替えましょう、というと、それを制し、消え掛かった火種をじっくりと見た。よしツ!これだ、と気がついた。その火種は消えることなく、吹き付けるとまた燃え出だしたのだ。これと同じく、一人一人への地道な意識改革が万波に及んだとき、改革は成功する。と、上杉鷹山はここで絶対的な信念を持つ。確信する。そしてここから忍耐強い改革が行われ、見事に藩は変貌する。

 いま、なぜ上杉鷹山か、と問えば、いまだから、と強く思う。それは今の日本、危機を乗り切るリーダーが見えないからである。民意をも無視する政治、忖度という言葉が飛び交う政治、果ては日本語があやふやな政治家、ワイドショーで騒がられる政治家たち、と

 今だからこそ、ケネディが尊敬した日本人-上杉鷹山-を深く知り、その精神を、この政治家たちに、その爪を煎じて飲ましてあげたい気持ちでいっぱいである。

                            2019.3.15 小桜64年目の日


33回の閲覧

© 2014 by KOZAKURA        

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic