検索
  • 中山 孝一

あさが来た

更新日:2020年5月20日


「朝の空を見上げて、今日という一日が、笑顔でいられるように、そっとお願いした。」

という歌詞がある。この歌が好きである。

 NHKの朝の連ドラ、あさが来た、のテーマソング、AKB48が歌っていた。カラオケでもこの歌を歌う、この歳でこういう歌を歌うと意外性を誘う、それが楽しみだ。

 朝の空はいい、晴れても曇っても雨でもいい、その一日の始まりを実感するのには、まず朝の空を眺めること、今日も生きているということを感じることができる。その朝の空を眺めていると、思い出すのは、小さい頃から小児喘息で苦しんでいた頃のこと、風邪を引くと必ず発作がでる。それは小さい身にはそれなりの苦しさを味わうことになる。小学何年生だったか、その日も発作が出た。そんな時は、横になって眠れないのである。息苦しいから座って寝るしかない。

 どういう体制で寝るかというと、タンスに寄りかかり座って寝るのであるが、なかなか寝付けるものではない。うとうとしている間に、夜明けが来る。木造の小さい家の雨戸の隙間から朝の光が幾重にも差し込んで来る。それがとってもきれいなのだ。ああ、今日も生きられて、朝を迎えられたんだと実感する。

 何十年経ってもあの頃のことは忘れない、いや忘れてはいけない、一日一日の大切さを思うには・・・、あれから喘息は治り、今は曲がりなりにも健康な生活を送っている。が、これから何が起こるかはわからない、だから、朝の空を眺め、生きていることを確認して、大事な日々を送るようにしている。

 話は変わるが、先日、知人の某夫婦が来た。なんでもご主人の飛行機嫌いを押して、オーストラリアを旅したらしい、僕もかなりの飛行機アレルギーなので、そこのところを真剣に聞いた。機内では寝れないので睡眠薬のようなものを飲んだらしい、夜中の便なのでいつのまにかついたという、そうか、そういう手があったんだ。僕の場合はいつも酒、ワイン一本が精神安定剤になる。

 あ、別にそういう話ではなく、オーストラリアでの人々のライフスタイルを見て氏が感動したことである。毎日、早朝から多くの老人がカフエーで談笑しているという、その光景はまず日本では見られないことで、ある種の衝撃を受けたという。笑顔で話し合う姿には、これまでの人生を謳歌したものや、いろいろあっても、余生を堪能しようと、これまでのことを切り替えたことが窺える人や、その人々の姿は、妙に清々しく見えて幸せな気分になったという。

 今、二人の子供がオーストラリアにいる。近々に行くつもりだが、例の飛行機嫌いが行く手を阻んでいる。しかし、今回、某氏の話を聞き、行く決意を固めた。その早朝の老人たちのライフスタイルを見たいたがために・・・あくせく働くのがいいのか、お金がいいのか、自然を感じながらゆったりと人生を味わうのがいいのかを考える。なにが幸せというんだろうか

 明日も、朝の空を見上げて、考えてみよう 


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学3年生の時、授業中におもらしをした。当時は授業中に「便所行きたーい」と先生に言う勇気のある子はまずいなかった。ご多分にもれずやってしまった。イスの下から少しづつ液体は漏れだした。少しづつというのは必死にこらえていたのだ、ゆっくり落とし靴で広げればそのうち乾くだろう、幸いにも教室には夏の陽射しが入り込んでいる。洗濯指数は100%だ。と、小さい頭をフル回転させた。冷や汗をかきながらの最後の一滴まで

数年まえ、竜宮通りを歩いていると向こうから手を振って近づいて来た男がいた。顔は友人と似ているが体型が見違えるほど細くなっている。僕に向かって開口一番「お前、まだ太ってるなぁ、入院したらすぐ痩せるよ」という。「入院?入院までして痩せようと思わんなぁ」というとすかさず「ごめん、ごめん入所ムショ、入院はとっくの昔に卒業したんだった」という。昔から生粋の悪ではないが、いわゆるやらかすタイプでその時々で少年

親子3代の入院 2022年8月29日はPCR検査受けた後の午後からの入院だったので、その前に昼食を取ろうと、美容室近くの食堂へ次男の祐作と行った。食べながら二つの出来事を思い出した。一つ目は今から41年前になる、父重則が心筋梗塞で沖縄県立那覇病院に運ばれた時だ、運んだのは救急車ではなく、タクシーだった。その日は結婚式があり二次会でもたっぷり飲んで家に帰ってしばらくしてだった、父が急に胸を掻きむしる