検索
  • 中山 孝一

余計なこと


 小さい頃から母親に、「また余計なことして!」とよく怒られた。余計なこととは、差し出がましいこと、別にやらなくてもいいこと、善かれてと思ってやってしまったものが、実は全くそうでは無かった。ということで、ほとんど良い意味では捉えられてないのである。おまけに、「余計なことはやめなさい」というビジネス本まで出ている。

 確かに、余計なことは、あくまでも余計なことだから、無駄なこと、これを除けばもっといいことがスムーズにことは運ぶし、余計な一言を言って、大きな痛手を食わなくても済むだろう

 余計なことばかりしていた僕はあまり効率よく生きてないかもしれない

しかし、ここではたと考えた。余計なことは本当に悪いことなのか、別に自己弁護するわけではないが、視点を変えれば余計なことも、生かされるのではないかと考えた。稼業である飲食店で考えてみた。飲食店は飲み物や食べ物をお客様に提供して、その対価をいただく、いわゆる等価交換というものだが、この価値を当たり前のごとく交換していての満足度はどんなものかを考えたことがあった。当たり前のことは当たり前だから、みんな当然のごとく受け入れる。だからここで余計なことはしないし、余計なことは考えない、余計なことも言わない

 しかし、反骨グセのある僕はここで余計なことを考える。やらなくてもいいことをふんだんに行う。余計なことを積極的に行うことは難儀が伴う、さらに余計なことはリスクを伴う、失敗すれば、「また余計なことをして!」と非難の的だ

 当たり前の商売をやっていれば多少うまくいくはずであるが、それでは面白くない。だからちょっと考えた。それもありきたりのものではなく、面白いと思うものをだ。

 まず、こう考えた。お客が得る価値=店が提供する価値、これは等価交換

これをこうする、お客が得る価値>店が提供する価値、これは不等価交換になる。これだとお客が思っている以上の満足が得られる。これはお客に対して余計なことをすること、少々プラスになる価値をつけること、それは満足のある余計な価値でなくてはならない。

 そこでやったことは

 ①お客さんの顔を一人一人ポラロイドで撮影した。その後は数人の撮影になったが、その数4千枚以上になった。ポラのフイルムは一枚200円になる。計80万以上の余計なことをした。(酔顔参照)、②全国のお客さんに、お国自慢を地図に書いてもらったら手作りのガイドブックができた。 ③県内すべての泡盛を量り売りにした。それを全部飲み干すとフニッシャーとしてイタリア製のグラスに名前を刻印して差し上げた。ここでも金が飛んだ、余計なことをした。(アワモリマラソン参照)、さらに、④年2回開催のビーチパーテイー、⑤12月は那覇マラソン参加を促し一緒に走る。等、其の他にもいろいろ。

 思えばどれをとっても、余計なこと、と言えないか、しかし僕にとっては決して余計なことではない、どれもワクワクしながら考え実行してきたものだ。すべて大満足だ

余計なことは、大いにやるべきだと思っている。思い切った余計なことは、あとは、余計なことではなくなり、「いいことしたな!」となる。そう、余計なこととは、「遊びの精神!」


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

「自助・共助・公助」について考えた

コロナ騒動の渦中にいつのまにか総理大臣が変わった。その総理大臣が政策理念として「自助・共助・公助」というものを掲げた。その意味をネットで調べるといろいろ書かれていた。要は自分のことは自分で責任を持つこと、それができなければ家族や親族、近隣の方々に助けを得る、最後にどうしようもなくなったら国が手助けしよう。という流れでしょうか、ネットで見ると、社会保障の観点からや防災の面でこの言葉の解釈が目立つが、

絵を描く日常

コロナ禍で孫をみる機会が増えた。が、その対応に戸惑うばかりか、体力の衰えが身に沁みる。抱っこで腰にくる、走り回られると膝にくる。だからどうにか楽しようとテレビを見せる。「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあ」を大量に録画して、それに飽きたら携帯で「YouTube」を見せる、呆れるほどの手抜き孫守りをやっていた。 そんな状況を見かねて保育士の娘からダメ出しを喰らった、ここは素直に手抜きを認めた

ぼくと泡盛 10

「竜宮通りが泡盛村へ」の記事は結構な反響があった。しかし竜宮通りのママさんたちはそれより日々の売り上げが大事、今更泡盛のことを勉強しても、と毎月の勉強会には参加してくれるがなかなか身が入らない様子だった。確かに学校の授業と一緒でお話しを聞くだけでは楽しくもなく、泡盛がどうやってできるのか、その歴史なんてのはイメージが湧くはずがない、お話ししていただいた方々はどの方も業界の第一人者だが、ママさんたち

© 2014 by KOZAKURA        

  • Instagram
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic