検索
  • 中山 孝一

みそぴー物語


小桜のメニューにみそぴーというのが昔からある。いつの頃から出だしたのかは定かではないが、かなり以前から存在していた。僕が小桜に入った頃の突き出しは、小禄に住んでいた、大川さんが作る、ピーナツ豆腐とみそぴーかどちらかだった。みそぴーは小さい小鉢にたっぷり入っていた、多すぎて残す人が多かった。その頃は馴染みも薄く、名前もなかった。材料は奄美大島で作られる粒味噌とピーナツ、そして砂糖、これだけ。作り方はいたって簡単、まず皮付きのピーナツを油で揚げる。揚げたピーナツと粒味噌に砂糖をかけ、弱火の中ひたすら混ぜ合わせる。みそにピーナツがまとわりつくと完成となる。

 あの当時、味噌もピーナツも徳之島から送られて来たものだった。特に何も特産物がない島から親戚らが送って来た時だけに作る。だから常時あるメニューではなかった。

 ある日、内地から来た観光客が、突き出しとして出したみそぴーを食べ、いたく感動して、これは何というメニューかと聞いて来た。こちらは名前はなく、奄美地方で各家庭で食べられる惣菜なんです、としか答えなかった。じゃ、僕らが名前をつけようということになり、当時流行タレントの、酒井法子こと”のりぴー”にちなんで、味噌とピーナツだから、”みそぴー”にしようということになり、今に至る。

 その後、徐々に小桜の定番メニューになってくる。しかし、各材料の量が定まっていないので

味が一定しない、すぐ固まって食べにくくなる。という問題があった。ある日、ある食品会社から100個の大量注文があった。食品展に出品するという。これはチャンスだと思い、売れる商品になるようにと、色々考えた。まず一定の味を出し、食べやすくするにはと、各材料の量を決めた。そして何度も試作を重ねた。もうこれ以上みそぴーは見たくないという程の試作を重ねた結果、ほぼ満足のいくみそぴーができた。そしてパッケージの見栄えもと、市中に出回る商品を参考に、オリジナルのデザインを手がけ、印刷会社にラベルを作らせた。かなり見栄えのいいものに仕上がった。

 あとは、作るのみ。段取りよくやろうと備品も新たに揃え、作業に取り掛かる。母と姪っ子と三人が小桜で、作る、冷やす、詰め込む、ということを数時間必死にやった。

 結果、出品した100個は全て完売した。努力が報われた。

 あの時のことがないと今のみそぴーはない。いたって簡単といったが、実はそうではない。料理というのは意外とシンプルなほど難しいもの。各素材の量を決め、作る手順を決める。それは、混ぜ合わせた材料を、どれ程の温度に、どれだけ手をかけ、それを、どれぐらいの試作を重ね、改善を図るか。この繰り返しで一品が決まる。

 あの時、三人でバタバタして作ったものが、今では一人で可能になった。全てに安定した商品化ができたと思う。沖縄で唯一の、”小桜のみそぴー”

 まだまだ伸び代はあると確信する。これからも、より一歩上の品質を目指し、より多くの人に認められ、そして食べていただけるように頑張りたい。

こちらから、みそぴー購入いただけます。

https://kozakura.theshop.jp/items/15631834


34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

沖縄大衆カルチャー酒場 小梅3

「沖縄大衆カルチャー酒場 小梅」はまだ開業していないがこのタイトルは三つ目になった。先日、沖縄でも緊急事態がでた。今回は昼飲みもできなくなった。自称「昼飲み推進委員会」委員長を名乗っている僕の活動の場がなくなった。実に寂しい! 昨年のこの時期、どうなっていたのかを見てみた。小桜は、初の緊急事態での休業要請を受け、4月6日から5月21日の解除まで46日間の休業を余儀なくされた。この間、デリバリー商品

沖縄大衆カルチャー酒場 小梅2

「沖縄大衆カルチャー酒場 小梅」は国際通りの端に位置する安里にまもなくオープンする予定、その場所は国際通りの中でも少し異質の感がある地域、建物だとは前回伝えた。今回は「小梅」が入る建物がどういう経緯で現在のように成り立ったのかを伝えようと思う この建物(元儀間本店の倉庫)の中にある五軒の飲食店を経営していた人物、「昇 久光」さんを訪ねた。昇さんは沖縄が本土復帰した1972年に、飲食店の第一号店を立

沖縄大衆カルチャー酒場 小梅

国際通りのほぼ真ん中に位置する牧志交番所を安里向けに歩いてみる。80メートルほど行くと交差点に出る。上をモノレールが走り、牧志駅の下にあたる。その交差点をまっすぐ渡ると橋にあたる。橋の名は”さいおんはし”という、”さいおん”とは”蔡温”と書く。琉球王国時代の高名な政治家の名前だ。その橋から目前に広がる立派な建物がある。そこが”さいおんスクエア”という名前の複合施設。故翁長前那覇市長が全力を注いで開