検索
  • 中山 孝一

伊江島マラソン


伊江島マラソン

 昨年より始めた伊江島マラソンへの参加、これをチーム小桜の「伊江島合宿」と称す。

小桜にとっては書き入れ時の土曜日、年に一回ぐらいいいだろう、楽しもうと、画して

4月の第二土曜小桜は休み、「本日伊江島合宿のため休業いたします。」と相成った。

ここ数年の小桜のイベントは各地から人が集まる。北は北海道から南は福岡、今回もあっちこっちから小桜の精鋭が集まった。前日の金曜まず前夜祭を行う、そして翌土曜日の出発、前準備がこれまた本格的、まず横断幕の作成、各自を乗せる車の手配、今回は6台で、島だから船に乗らないといけない、そのチケットの手配、そして肝心の打ち上げの飲食の手配、走った後の風呂の手配、テント、バーベキュー等々と・・・・しかしこの準備がこれまたうきうきわくわくで、遠足の前のあの、ふとぅふとぅ感が湧き出て楽しいのである。

今回は総勢24名、宿泊先は妻伊津子の実家前田家、これだけ入るか?入るんだよねこれが・・・男は庭の芝生でとの話もあったが、その必要なくうまく収まった。

ところで肝心のマラソンは3キロ、5キロ、10キロ、ハーフとそれぞれがエントリーこれまた皆なんなく(ではないが、)完走、走る前の出陣式から走り終えた歓喜の叫びも会場一番の盛り上がり、さすがチーム小桜!その後手配済みの伊江カントリーでシャワー浴び、打ち上げ準備の前田家の庭に集まる。「全員かんそうしたぞー!!」の雄叫びで打ち上げスタート、後は例よって皆勝手に盛り上がる。木村氏のダブルマグナムのモエシャンから能登の銘酒菊姫は武蔵から、次々酒があく、生憎の雨にも関わらず皆積極的に楽しめる連中だ、ほんとにフアミリー、これが家族だ、適当な時間で皆いっせいに片付けだし、会場は家の中へ、又延々と飲みだし・・・気が付けば朝だった。

昨日で仕込んだオバー得意のソーキ汁の朝食を食べ、島内観光の予定だったが時間の都合で湧水(わーじ)のみに、11時の船で本部港へそのまま潤也の美ら海へ向かう、1時のショー、期待した潤也のMCは無かったが、その後のダイバーショーでは潤也が、今回はたっぷりとイルカにつかった、その後近くのレストランで昼食とり、恒例の癒し空間備瀬のふくぎ並木へ、其処でもみなおおはしゃぎ、その後解散式。お疲れ様でした。

今回二回目の伊江島合宿も大成功に終わった。思う、伊江島の前田家との縁が無ければこういうことはない、そして県外からのメンバーも同様、ということは、こういう縁は見えないだけで意外とそこら中に転がっているということ、結構何にでも積極的に縁していけばいくらでも面白いことが作られていくということではないか、待ってるだけではいつまでもやってこないもの、縁をつくり、それを育み、よりよい結果をうみだす過程、その中から、人間の可能性も大きく広がる。一人では無力でも大勢だとやれる気がするし、そこに励ましがあり、知恵が吸収できる。これからもどんどん人と人の繋がりの和を拡大して面白い世の中にしていければと思った伊江島合宿であった。


90回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

密造酒をつくってみた

こう書くと穏やかではないが、化学の実験をしてみたといえば許せるかもしれない。先日から息子が泡盛をはじめ酒全般までに興味を持ち出し教えを乞うてきた。昔、竜宮通りのママさんたちの為にと作った”酒ができるまで”の簡単な資料で説明したがどうもピンときてないようだった。それなら実際に酒を作ってみよう、ならば分かりが早い。となった。というと密造酒の常習犯と思われそうだが、実はそうなのです。前科者です。 20数

ダイエットと栄養学

今年の11月より始めた減量作戦、現在変化は緩やかだが着実に落ち続け、体型の変化も感じ始めた。こういうことをやるといつも思うのはもっと早くから気づいとけばという後悔だ しかし何でも思い立ったら吉日で、もし今回気づかなければそれこそ手遅れになりかねなかった。身体から脂肪が少しづつではあるが抜けていく快感はいいものだ ところで、この減量計画の方法はカロリー計算だけに特化した。あくまでも摂取カロリーと消費

LIBERTY FORCEとチムガナサ

今年ももう終わろうというのに見事な痛風(?)に襲われた。日頃の不摂生によることは重々わかってるが正月前に来るとは・・・実に情けない、身も心もズタズタだ、と言ってる場合ではないのだ 今年のうちに書いておくことがある。いいことがなかったこの一年の最後の12月に二つの素敵な出会いがあったのだ。どちらもこれからの時代に希望を与えてくれるものだった。 その出会いとは二人の若者の鋭い「感性」だった。 先日、家

© 2014 by KOZAKURA