検索
  • 中山 孝一

伊江島マラソン


伊江島マラソン

 昨年より始めた伊江島マラソンへの参加、これをチーム小桜の「伊江島合宿」と称す。

小桜にとっては書き入れ時の土曜日、年に一回ぐらいいいだろう、楽しもうと、画して

4月の第二土曜小桜は休み、「本日伊江島合宿のため休業いたします。」と相成った。

ここ数年の小桜のイベントは各地から人が集まる。北は北海道から南は福岡、今回もあっちこっちから小桜の精鋭が集まった。前日の金曜まず前夜祭を行う、そして翌土曜日の出発、前準備がこれまた本格的、まず横断幕の作成、各自を乗せる車の手配、今回は6台で、島だから船に乗らないといけない、そのチケットの手配、そして肝心の打ち上げの飲食の手配、走った後の風呂の手配、テント、バーベキュー等々と・・・・しかしこの準備がこれまたうきうきわくわくで、遠足の前のあの、ふとぅふとぅ感が湧き出て楽しいのである。

今回は総勢24名、宿泊先は妻伊津子の実家前田家、これだけ入るか?入るんだよねこれが・・・男は庭の芝生でとの話もあったが、その必要なくうまく収まった。

ところで肝心のマラソンは3キロ、5キロ、10キロ、ハーフとそれぞれがエントリーこれまた皆なんなく(ではないが、)完走、走る前の出陣式から走り終えた歓喜の叫びも会場一番の盛り上がり、さすがチーム小桜!その後手配済みの伊江カントリーでシャワー浴び、打ち上げ準備の前田家の庭に集まる。「全員かんそうしたぞー!!」の雄叫びで打ち上げスタート、後は例よって皆勝手に盛り上がる。木村氏のダブルマグナムのモエシャンから能登の銘酒菊姫は武蔵から、次々酒があく、生憎の雨にも関わらず皆積極的に楽しめる連中だ、ほんとにフアミリー、これが家族だ、適当な時間で皆いっせいに片付けだし、会場は家の中へ、又延々と飲みだし・・・気が付けば朝だった。

昨日で仕込んだオバー得意のソーキ汁の朝食を食べ、島内観光の予定だったが時間の都合で湧水(わーじ)のみに、11時の船で本部港へそのまま潤也の美ら海へ向かう、1時のショー、期待した潤也のMCは無かったが、その後のダイバーショーでは潤也が、今回はたっぷりとイルカにつかった、その後近くのレストランで昼食とり、恒例の癒し空間備瀬のふくぎ並木へ、其処でもみなおおはしゃぎ、その後解散式。お疲れ様でした。

今回二回目の伊江島合宿も大成功に終わった。思う、伊江島の前田家との縁が無ければこういうことはない、そして県外からのメンバーも同様、ということは、こういう縁は見えないだけで意外とそこら中に転がっているということ、結構何にでも積極的に縁していけばいくらでも面白いことが作られていくということではないか、待ってるだけではいつまでもやってこないもの、縁をつくり、それを育み、よりよい結果をうみだす過程、その中から、人間の可能性も大きく広がる。一人では無力でも大勢だとやれる気がするし、そこに励ましがあり、知恵が吸収できる。これからもどんどん人と人の繋がりの和を拡大して面白い世の中にしていければと思った伊江島合宿であった。


閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年1月31日、ジュンク堂で本を物色していたら、知の巨人と云われた、立花 隆の「自分史の書き方」という本が目に入った。知の巨人にしては意外なタイトルだな、と思いながらもパラパラと捲ると、時間を忘れるぐらいの立ち読みをしていた。この時点で次なる行動は決まった。翌2月1日から、「自分史」を書き始めていた。本棚を見ると、某新聞社が出した「自分史テキスト」なるものがあった。数年前に購入しているが中には何も

イソップ物語ではない。僕がかれこれ40年ぐらい通っている、ジャズライブの店「ライブイン寓話」の寓話である。時は1980年、友人が良い店があると連れて行ったところが、当時東町にあった「寓話」。約6坪ほどの小さな空間のほとんどをグランドピアノが占めていた。5席ほどのカウンターに4人がけのボックスが一つという、こじんまりとした店だった。友人がいう良い店というのは、カレーが実にうまい、ということだった。確

おふくろという言葉は、もはや死語だろうか、「おふくろの味」となれば更に遠く、昭和の匂いがしてくる。あの当時「やっぱ、おふくろの味が最高だよな」とか「これ、うちのおふくろの味にそっくりだ」とか、やたら「おふくろの味」のフレーズが聞かれた。一説にはマザコン男子の特許とも・・・否めない そもそも、「おふくろの味」という実態はなく、その味は千差万別、それぞれが持つ記憶が、味の決め手となる。最近の調査では若