検索
  • 中山孝一

piano


ある酒場で若いバイオニリストが言った、「バイオリンはスポーツです、小さいときから先生にしつこく何度も同じことを繰り返させられ体に徹底的に曲をしみこませる。それは野球、サッカー、体操、全てのスポーツと同じです。」と、それじゃーピアノも・・・

 5年前よりピアノを始めた。昔からの夢だった。が、57歳に成っていた。果たして指は動くだろうかと、でもとにかく始めなければ何事もはじまらない、実験だった。

 知人の紹介で沖縄ジャズ協会のピアノ担当の先生の教室へ行き、いきなり言ったのが。

「バートランドの子守唄とアズタイムゴーズバイとミスティが弾けたら死んでもいいですから教えてください!」と心では叫んだつもりだが多分普通の言い方、先生は怪訝な顔をしながらも、「じゃ、とにかくやりましょう、何からいきましょう?」と受けてくれた。

 これがはじまり、そこからの苦労話を少々はじめる。曲はのりのいいバートランドの子守唄を選んだ、これが大変、複雑なコードの多いこと、まさに死闘の始まり。

教室は45分で2000円の個人レッスン、時間はその都度お互いが開いてる日ということの週一、はじめは右手のメロディから、ここは曲知っているから指の押さえ方はでたらめでもある程度は、問題は左手、下手でも両手を使って初めて「ピアノができる」と思っていた。これから決死の覚悟でのぞむぞー!

まずコード選び、与えられた楽譜のコードをネットで選びそれを先生に見てもらう、何回かのチェックで決まったコードでひたすら練習の繰り返し、まさに冒頭のスポーツたる所以を思い知らされる。周りに迷惑かけないようにと電子ピアノもひそかに購入、イヤホーンをつけて汗だくになりながら頑張る。家族も今度は本気だなと今までと見方が変わる

そして頑張った成果、左手のコードが見なくても指が動くのである。得意げに先生を訪ねた。「じゃ、両手でやってみましょう」と言われて両手をピアノの上においた。ショック!

指1本すら動かない、全くのフリーズ状態、これはなんなんだ

これが実態、どうせ才能も無いものがこんな年からはじめても無理だろうと言い訳と諦めに入る。数年前ならこれであっさり止めている。ところが今回は違った。ゆっくりでいいから両手を動かした。すると序序に動き始めた。毎日頑張った。するといつのまにか両手がスムーズに動きだした。奇跡が起きた!         つづく


124回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

テレビが面白くない

ここ数年テレビをつけた数秒後には消しているということを多く感じる。その頻度が日に日に増していく。チャンネルを変えても見れる番組がない、それが朝からずっと続く 何がそうさせるの考えて見た。日々のテレビとの付き合いは、まず朝7時過ぎから日本放送協会のニュースをみて、8時からの連続テレビ小説とつなぐ、このパターンがかれこれ12年ほど続いているが、そろそろこの習慣を終えようと思った。原因はこのテレビ小説が

やちむん

沖縄では陶器のことを”やちむん”という、焼き物だからそのまま読んでやちむんになる。昔本土から来た人は、この”やちむん”になれなくて、この”ヤムチン”いいね~という言葉が飛び交った。今では、焼き物の街、壺屋は観光客で賑わう”やちむん通り”となり、ヤムチンという響はなくなった。ちなみに”みみがー”は”ミミンガ”だった。 約40年前、この”やちむん”に魅せられて、あっちこっちの工房を見てまわる日々が続い

沖縄大衆カルチャー酒場 小梅3

「沖縄大衆カルチャー酒場 小梅」はまだ開業していないがこのタイトルは三つ目になった。先日、沖縄でも緊急事態がでた。今回は昼飲みもできなくなった。自称「昼飲み推進委員会」委員長を名乗っている僕の活動の場がなくなった。実に寂しい! 昨年のこの時期、どうなっていたのかを見てみた。小桜は、初の緊急事態での休業要請を受け、4月6日から5月21日の解除まで46日間の休業を余儀なくされた。この間、デリバリー商品