検索
  • 中山 孝一

仲村征幸さんとの思い出


かれこれ17年ほど前、小桜のポストに何ヶ月かに一回業界紙が入れられていた。

見ると「醸界飲料新聞」と書かれていた。後に仲村さんとつながる瞬間だった。

 当初気にもとめてなかったがその後泡盛に興味を持ち出しこの新聞の発行元を訪ねようと思い立った。新聞だから小さくてもビルぐらいに入っているだろうと、旧真嘉比あたりを探し回ったが見つからない、電話して聞いてもわからない、ようやく見つかったのが一時間後、驚いた!普通の一軒家の玄関にでっかい木の看板に「醸界飲料新聞社」とある。恐る恐る引き戸を開けると、又ビックリ!玄関から入ってすぐの畳間の部屋の真ん中で鉢巻姿の老人がきっーと僕をにらみつけるのだ、それが仲村征幸さんとの初めての出会い。 

新聞の校正をしていたようで、パソコンのある時代で、なんともまあ気の長い作業をしてるもんだと感心した。作業の手を止め僕の話にのってくれた。いかにも頑固親父風な相手をどこから切り出していこうかと頭の中の細胞は動きぱっなし、しかし時間が立つにつれ相好がくずれていく、やはり「泡盛」が好きなのである。どんな質問でもにっこりしながら丁寧に答えてくれた。そのうち中山君これ飲んでごらんと押入れから古酒を、さらに畳の下からも、何時間居たのだろうか、どれも特上の古酒を頂戴した。

それから仲村さんとの付き合いは日を増して濃いものになっていく、ある時は取材の同行、あるときは僕が取材を受けることも、忘れてはいけないことが竜宮通りの泡盛勉強会、これには率先して尽力いただき、「まさひろ」の比嘉酒造の見学会、更に「久米島の久米仙」には飛行機のチャーターでの見学とどれも仲村さん無しには出来得ないことであった。

 が、けんかもよくした。どちらも譲らない性格なので、こと泡盛談義が始まると自分の主張を貫こうと言い合いになることもしばし、これも情熱のなせる業か、特に後半泡盛の古酒表示に関しては二人とも真剣に議論した。

 新聞を始めた頃世はウイスキー時代、小桜でも泡盛はカウンターの下に恥ずかしそうに「瑞泉」と「瑞穂」の一升瓶が置かれていた。そんな中で「頭はたしかか!」とののしられながらも始めた「醸界飲料新聞」、今小桜では真正面に全酒蔵の酒が並ぶ、現在の泡盛の隆盛は仲村さんの執念にも似た戦いなしにはないのである。私たちはこれからも仲村さんが提唱した、「泡盛は文化」の開花を目指しその遺志をつなげたいと思う。

 昨年12月31日最後の「醸界飲料新聞」が届いた。何故かすぐに配りだした。竜宮通り、桜坂、国際通りと、こういうことは初めてだった。

 仲村さんの声が聞こえたかもしれない、「中山君頼む!」と

                                 合 掌

平成27年1月10日 小桜 中山孝一

#KOZAKURA #仲村 #泡盛 #泡盛新聞 #蒸界 #醸界 #醸界飲料新聞 #新聞 #ウイスキー #カウンター #情熱 #小桜 #小桜那覇 #沖縄

閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年1月31日、ジュンク堂で本を物色していたら、知の巨人と云われた、立花 隆の「自分史の書き方」という本が目に入った。知の巨人にしては意外なタイトルだな、と思いながらもパラパラと捲ると、時間を忘れるぐらいの立ち読みをしていた。この時点で次なる行動は決まった。翌2月1日から、「自分史」を書き始めていた。本棚を見ると、某新聞社が出した「自分史テキスト」なるものがあった。数年前に購入しているが中には何も

イソップ物語ではない。僕がかれこれ40年ぐらい通っている、ジャズライブの店「ライブイン寓話」の寓話である。時は1980年、友人が良い店があると連れて行ったところが、当時東町にあった「寓話」。約6坪ほどの小さな空間のほとんどをグランドピアノが占めていた。5席ほどのカウンターに4人がけのボックスが一つという、こじんまりとした店だった。友人がいう良い店というのは、カレーが実にうまい、ということだった。確

おふくろという言葉は、もはや死語だろうか、「おふくろの味」となれば更に遠く、昭和の匂いがしてくる。あの当時「やっぱ、おふくろの味が最高だよな」とか「これ、うちのおふくろの味にそっくりだ」とか、やたら「おふくろの味」のフレーズが聞かれた。一説にはマザコン男子の特許とも・・・否めない そもそも、「おふくろの味」という実態はなく、その味は千差万別、それぞれが持つ記憶が、味の決め手となる。最近の調査では若