検索
  • 中山 孝一

現代トイレ考

 我が家のトイレに30数年ぶりに新しい便器がつけられた。と言っても、型は変わらずウオシュレットになっただけ、とはいえ、今やどこでもこれが当たり前のようになって、古臭いトイレを長年使っていたことを今更ながら気付いた次第で、ガラ系をスマホに変えたようなものと例えればいいのだろうか。ちなみになぜ変えたのかというと、急を要したのである。このところ水道代がやたら高くなった。住人は減っていくのに何故だと思いながら原因を調べたらトイレにあった。

 タンク内からちょろちょろ音がするので見たら、給水口から水が漏れ出していたのだ、かなりの年月、水道局に貢献したことになる。

 ところで、今の世は「トイレはどこですか、」というが、「便所はどこですか、」とは言わないですよね、昔はトイレというおしゃれな言い方はなく、どこでも便所だった。それもしゃがみこむタイプの便器で、スクワットを思い切り深く落とし込んでのスタイルなのできついのなんのって、便秘の時の苦しみは言葉では言い表せないほど。しかし、そのせいで、足腰が鍛えられたのは間違いないようで、膝の衰えはこの習慣がなくなっとからではとも思える。ある高齢の婦人の子供達が気を利かせてトイレを今風に変えたが、おかげで足腰が弱ってきたので元に戻した、というようなことが新聞の投稿にあった。

 さて、このしゃがみこむタイプのトイレでも栓をひねれば水が出て全て流してくれる、いわゆる水栓トイレというものだが、昔はそうではない、その物を流さず溜めるのである。これをポットン便所といった。そして溜まったものが、やがて溢れようとする、その時に業者に回収を依頼する。そんなシステムがあった。

 どうして回収するかというと、ホースを肥溜めに突っ込んでポンプで吸い取る。この専用車をバキュームカーといった。密集した地域が連なる那覇ではこのバキュームカーは大活躍した。どんなに入り組んだ家でもホースを伸ばして吸いまくっていた。

 このバキュームカーでの汲み取りは、今思えば革命的とも言えるシステムだった。それまではどうしてたかというと、人の手で汲んでいたのだ、天秤棒に二つの桶を担ぎ家まで行く、そして長い柄杓ですくい取り、いっぱいになった桶を馬車の後ろにある大きな桶に入れる、馬車の荷台の桶がいっぱいになるまで家々を廻るのである。この馬車のことを青馬車といった。馬が引く荷台が鮮やかな緑色に染まっていたからだ

 ちなみに、もう一つ別な馬車があった。それ白馬車という。それは荷台が白色だから、なんとも優雅な名だが、ごみ収集馬車のこと。この二つの馬車をみつけたら誰も寄り付かなかったことは言うまでもない。沖縄のあらゆる道は馬の糞だらけだった。こういう光景が60年前には当たり前のようにあった。

 先日、家族で、ある古民家の沖縄そば屋に行ったら、そこにもあった。昔のトイレが、「フール」と云われるものだ、沖縄では豚と人間は切っても切れない関係にある。だからとても豚を大事にする。人間と豚の共有地がこの「フール」というものになる。人間の排泄場所=豚の住処が「フール」になる。人間の消化したものを豚が栄養とする、それをまた人間の栄養とする、というサイクルだ。現存する「フール」はどれも立派な琉球石灰岩で作られ、家は粗末でもこの「フール」だけは頑丈に出来ている。この見事な循環サイクルは、まさに今のSDG’Sにつながるシステムではないだろうか、

 

 しかし、現代人の腸内環境はあまりよろしくないというので、豚はうまく育たないかもしれない

 


閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日6月23日は、沖縄では「慰霊の日」といって沖縄戦終結の日となっている。しかし、あくまでも沖縄戦の終わりであって終戦ではない、6月23日に摩文仁ヶ丘で第32軍司令官牛島満と長勇が自決したことが沖縄戦は終結したことになっている。しかし、その後の本土の新聞の社説では「沖縄戦を教訓として本土決戦にのぞめ」と訴えたという。あくまでも本土決戦、一億総玉砕の布石としての沖縄戦だった。1945年4月から6月ま

今年は沖縄の本土復帰50周年。復帰っ子が50歳になる。ということは復帰前のことを知っている人がますますいなくなってくる。戦前の語り部がいなくなるように、アメリカ統治下時代の沖縄を語れる人もいなくなる時が次期にやってくる。1952年生まれの僕は復帰の年1972年は二十歳だった。20年間アメリカ世の中にいた。貴重な時代を生きたなーと、思い耽っている時、ふと復帰3年前の1969年の修学旅行を思い出した。

今年1月31日、ジュンク堂で本を物色していたら、知の巨人と云われた、立花 隆の「自分史の書き方」という本が目に入った。知の巨人にしては意外なタイトルだな、と思いながらもパラパラと捲ると、時間を忘れるぐらいの立ち読みをしていた。この時点で次なる行動は決まった。翌2月1日から、「自分史」を書き始めていた。本棚を見ると、某新聞社が出した「自分史テキスト」なるものがあった。数年前に購入しているが中には何も