検索
  • 中山 孝一

沖縄戦と琉球泡盛2


前回お伝えした、「沖縄戦と琉球泡盛ー百年古酒の誓い」と題する本が先日届きました。

著者の上野敏彦さんは元共同通信の論説委員で、宮崎支局長を最後に退職されました。現役の頃から数十年にわたり沖縄の隅々まで歩き、そしていろんな人々との出会いの中からこの本が完成しました。沖縄に何十年住んでいる私には全く気づかなかった、まさに目からウロコの沖縄戦史と戦後の荒廃から見事に復活した琉球泡盛のストーリーが描かれています。

 主な目次を紹介します

序章  歴史的瞬間に立ち会う

     カウンターに隠す酒 / 永遠のクース島に 他

第一章 壮絶な地上戦を生き延びて

     鉄血勤皇隊の少年たち / 軍首脳最後の酒宴 / 古酒を愛した男爵 他

第二章 首里人の誇り

     蘇る黒麹菌 / 戦前の美酒復活 / 古酒といえば瑞穂 他

第三章 クースの番人

     市場出身の知事 / 沖縄全土の酒ぞろえ / 島酒復権は燎原の炎 他

第四章 竜宮通りの赤提灯

     威風堂々の酒房 / 泡なし酵母の発見 / 哀愁の桜坂 他

第五章 県民斯く戦えり

     赤瓦の酒蔵 / 甘くて辛い酒 / 酒造りの設計図 他

第六章 平和を守る闘い

     泡盛居酒屋は今 / 古酒を庶民の酒に / 新たな草の根運動 他

あとがき

 となっております。上野さんとは、2006年に埼玉の神亀酒造をえがいた「闘う純米酒」を書かれた時からのおつきあいで、今回のこの本を書く際に何度か取材を同行させていただきました。その関係で今回テスト本として送っていただきました。初版の発売は7月15日です。上野さんの好意で先行予約も可能となり、小桜、小梅でも数冊扱うことができました。是非多くの方々に読んでいただきたいと思っております。

 泡盛復興の話では多大な貢献をされた、醸界飲料新聞の仲村氏、うりずんの土屋氏、両氏の話や蔵元では瑞穂酒造、かりゆしの新里酒造、春雨の宮里酒造等の話、そして、小桜、小梅の誕生秘話なども書かれております。


閲覧数:61回1件のコメント

最新記事

すべて表示

今日6月23日は、沖縄では「慰霊の日」といって沖縄戦終結の日となっている。しかし、あくまでも沖縄戦の終わりであって終戦ではない、6月23日に摩文仁ヶ丘で第32軍司令官牛島満と長勇が自決したことが沖縄戦は終結したことになっている。しかし、その後の本土の新聞の社説では「沖縄戦を教訓として本土決戦にのぞめ」と訴えたという。あくまでも本土決戦、一億総玉砕の布石としての沖縄戦だった。1945年4月から6月ま

今年は沖縄の本土復帰50周年。復帰っ子が50歳になる。ということは復帰前のことを知っている人がますますいなくなってくる。戦前の語り部がいなくなるように、アメリカ統治下時代の沖縄を語れる人もいなくなる時が次期にやってくる。1952年生まれの僕は復帰の年1972年は二十歳だった。20年間アメリカ世の中にいた。貴重な時代を生きたなーと、思い耽っている時、ふと復帰3年前の1969年の修学旅行を思い出した。

今年1月31日、ジュンク堂で本を物色していたら、知の巨人と云われた、立花 隆の「自分史の書き方」という本が目に入った。知の巨人にしては意外なタイトルだな、と思いながらもパラパラと捲ると、時間を忘れるぐらいの立ち読みをしていた。この時点で次なる行動は決まった。翌2月1日から、「自分史」を書き始めていた。本棚を見ると、某新聞社が出した「自分史テキスト」なるものがあった。数年前に購入しているが中には何も