top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

時代おくれの男

 「時代おくれの男とは一般的に、社会や文化の変化に取り残され、技術の進歩に追いつけず、現代の価値観や慣習に適合せず、新しい価値観やアイデアに対し否定的な古い考え方や行動パターンを持つ人」

 というのが、チャットGPTがだす「時代おくれの男」という言葉の定義らしい

上から目線も甚だしい、社会や文化は変化しているが繰り返しているようにしか思えないし、技術の進歩はすべてが人間にとっていいものと思わないし、現代は多様性を求める社会だから特定の価値観や慣習に適合しなくてもいいだろうし、新しいアイデアだけがいいとも思わないし、それぞれに異論がある。まア一般論としていってるのだからそんなに目くじら立てることもないが・・・古い人間はおとなしくしときなさい、と云われているような気がしてならない。

 

 先日、70代のオジー達だけで居酒屋チエーン店へいった。スマホでの注文システムに対応できるのが一人もいなく、従業員に泣きついてようやくビールにありつけた。皆異口同音に言った、二度とこんな店来ないぞーと。時代についていけない人間の悲劇をみた。

 かつて「時代おくれの男」がもてはやされた時があった。社会の動向に翻弄されず我が道をいくという生き方が密かに注目をあびた。ところが、単に時代についていけない疲れた男が、酒場の隅で愚痴をいわず、はしゃがず、目立たぬように静かに飲みつづける。それがどことなくカッコいいと云われただけだった。そんな唄が流行った。


 世は後にバブル期といわれた時だった。バブルが弾けると思わず、時流に乗っていた勝者は桜花爛漫の日々を送っていた。しかし、その後バブルははじけ、様相は一転する。勝ち組は去り、時代おくれの疲れた男達が復活した。時流は変わってた。いま、どことなく40年前のバブル期と似たような気がする。が、AI化された人間は増えたが、ちょっと疲れた「時代おくれの男」の姿が見えなくなっているのは気になるが・・・


 


閲覧数:61回1件のコメント

最新記事

すべて表示

昼呑みのすゝめ ①

昔の話、出先の食堂で見た光景。ニッカポッカを着た中年の大男と小さい若い青年が入ってきた。店員に「あれ!」と言っただけで出てきたのは並々と注がれたコップ酒、それを二人とも一気に飲み干したあと食事をした。実に鮮やかな呑みっぷりでかっこよかった。 高所の作業の緊張を和らげるために飲んだのだろうか、酒の効用というものか・・・世間一般でいわれる、真っ昼間から酒飲んでこいつらは、という蔑みが消えて憧れを感じた

小桜十夜 <ジュークボックス>

今の世はいろんな分野で最新のテクノロジーを競い合っているが、昔のアナログ時代でも驚くべきテクノロジーがあった。それは、ジュークボックスという自動音楽再生装置。今は携帯電話からタダで音楽が流れてくるが、その前はCDやMDという媒体を使い、もっと前はレコードやカセットテープなどで音楽を聞いていた。そのレコードが何十枚と入ったボックスにコインを入れ選曲すると機械が自動的にレコードを選び曲が流れる。そんな

Aボール物語 ③

酒飲みは一杯のグラスに思いを詰め込むロマンチストばかり、何処どこの店での一杯に思いをはせる。かくいう僕もこれまで、赤坂見附のバー木家下の開高マテイーニ、新宿伊勢丹サロン・ド・シマジのマッカラン、銀座7丁目ライオンのサッポロ生、老舗居酒屋では大阪の明治屋、名古屋の大甚、京都の赤垣屋の銘柄不明の銅の燗付器から注ぐ燗酒、バーザンボアのハイボールは大阪、神戸、銀座、京都の各店はさすがに変わらぬ味。古くはラ

1 Comment


traindeprata
traindeprata
Mar 16

『時代遅れの男の子』好いじゃないですか。

Like
bottom of page