top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

小桜十夜 <ジュークボックス>

更新日:4月12日

 今の世はいろんな分野で最新のテクノロジーを競い合っているが、昔のアナログ時代でも驚くべきテクノロジーがあった。それは、ジュークボックスという自動音楽再生装置。今は携帯電話からタダで音楽が流れてくるが、その前はCDやMDという媒体を使い、もっと前はレコードやカセットテープなどで音楽を聞いていた。そのレコードが何十枚と入ったボックスにコインを入れ選曲すると機械が自動的にレコードを選び曲が流れる。そんな優れものだった。当時は喫茶店やスナック、ボウリング場などの娯楽施設にはほぼ間違いなくあった。その後時代はカラオケブームが起こり、有線放送が瞬く間に全島を網羅し、ジュークボックスはいつのまにか消え去った。そんなジュークボックスが小桜にもあったのだ。階下のスペースに鎮座して長い間活躍していた。が、ビールサーバーにその場を奪われた。今更ながら手放したことを悔やんでいる。

  

 52年前のある日の小桜でのこと、Aサイン店舗ではない小桜に珍しく若い米兵が一人でやってきた。歳の頃は僕と同じ二十歳前後、小太りであどけなさが残る赤ら顔の少年兵だった。1972 年頃だからベトナムから米兵が撤退する一年前になる。明日にでもベトナム行きかもしれない、とビールをちびりちびり飲んでいた。悲しそうな顔でジュークボックスに何回も25セントを入れて選曲していたのはビートルズの「ヘルプ!だった。隣の僕は黙って一緒に聞くしかなかった。生きていれば何処かで71歳を迎えているはずだが・・・

 

 今や絶滅危惧種といわれるジュークボックスだが、その貴重なものが未だ現役で動いているところが小桜の近くにある。グランドオリオン通りの中ごろにある「ゆーばんまんじゃ」という小さな居酒屋、狭い空間に二台ものジュークボックスがあり、一台は日本歌謡、もう一台は洋曲専用とに分けてある。45回転のレコードから流れる昭和のメロデイーはえもいわれぬ郷愁が漂う、拝聴の価値あり

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

泡盛泥棒

25年前のある日、とあるサケツクヤーのオヤジがいった。「今度の日曜、酒の空瓶4.5本洗ってうちの工場に持ってこい!」と、口の悪いオヤジはいつもこんな口調だ、新酒の試飲用かと思い、日曜の朝きれいに洗った一升瓶と三合瓶を数本もって工場へ出向いた。オヤジは入り口で猫と戯れていた。これ以上ないと思うぐらいの頑固な顔が見事にくずれていた。 二人は誰もいない暗い工場内を無言ですすんだ。木造の広い空間のすきまか

向こう三軒両隣り

今では耳にしなくなった、向こう三軒両隣り。ぼくは5歳までそう云う所に住んでいた。いわゆる長屋である。向かいには小川さん、平口さん、寺島さん、隣には中島さんらがいたのをいまだに覚えている。醤油や砂糖の貸し借りは日常茶飯事、あっちこっちで井戸端会議が開催され、昭和の風景そのもの。貧しくも皆が楽しんでいる光景しか記憶にない。その後、時代は池田首相らが所得倍増計画をすすめ、高度経済成長時代が長く続き、しま

Comentarios


bottom of page