top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

小桜十夜 <アン=マーグレット>

更新日:3月13日

 小桜の二階への急な階段を上がると真正面に押し入れがある。建て付けの悪い開戸をあけると左手にフリルで囲まれた一枚の写真が貼られている。1960年代に活躍した人気女優アンーマーグレットの写真を月刊芸能誌から切り抜いたもので(明星、平凡はまだなかった)、60年前からある小桜の秘蔵物のひとつ。当時の小桜は男性の板前と数人の女給がいた。営業が終わると宴会場だった2階が寝床になった。離島や山原からの出身者が多く、皆住込みで働いていた。中学を卒業した女子が大都市那覇にボストンバッグ一つ持ってやってくる、家財道具はバッグ一つだけ、それを押入れにしまいこむだけ、そんな時代だった。小桜でもそうした女子が入れ代わり立ち代わりやってきた。そんな少女らが芸能誌をかざる女優らの写真に自分の夢をのせた。その名残をそのままにしておいたのがアン=マーグレットの写真、アメリカが誇る大女優だった。


 田舎から出てきた少女がいきなり海の向こうの大女優にあこがれるとはさすが沖縄と思われるが、小桜の向かいには沖縄一でかい映画館、「グランドオリオン」があった。ここは洋画専門の映画館で新しく上映されるごとにポスターを宣伝用として店内に貼っていて、その見返りにチケットが何枚かもらえるという特典があった。だから外国映画は普段から身近にあったようだ。日本の男優で人気があったのは石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎らで、昔のギャルたちがキャーキャーいってたのを小学生の時の記憶としてある。

 

 時代背景は変われども何かに憧れるという心情は今も昔も変わるものでは無いような気がする。その頃の少女は現在80代、いまだに何かに憧れ続ける老女へと変身している。 



 

閲覧数:41回1件のコメント

最新記事

すべて表示

昼呑みのすゝめ ①

昔の話、出先の食堂で見た光景。ニッカポッカを着た中年の大男と小さい若い青年が入ってきた。店員に「あれ!」と言っただけで出てきたのは並々と注がれたコップ酒、それを二人とも一気に飲み干したあと食事をした。実に鮮やかな呑みっぷりでかっこよかった。 高所の作業の緊張を和らげるために飲んだのだろうか、酒の効用というものか・・・世間一般でいわれる、真っ昼間から酒飲んでこいつらは、という蔑みが消えて憧れを感じた

小桜十夜 <ジュークボックス>

今の世はいろんな分野で最新のテクノロジーを競い合っているが、昔のアナログ時代でも驚くべきテクノロジーがあった。それは、ジュークボックスという自動音楽再生装置。今は携帯電話からタダで音楽が流れてくるが、その前はCDやMDという媒体を使い、もっと前はレコードやカセットテープなどで音楽を聞いていた。そのレコードが何十枚と入ったボックスにコインを入れ選曲すると機械が自動的にレコードを選び曲が流れる。そんな

Aボール物語 ③

酒飲みは一杯のグラスに思いを詰め込むロマンチストばかり、何処どこの店での一杯に思いをはせる。かくいう僕もこれまで、赤坂見附のバー木家下の開高マテイーニ、新宿伊勢丹サロン・ド・シマジのマッカラン、銀座7丁目ライオンのサッポロ生、老舗居酒屋では大阪の明治屋、名古屋の大甚、京都の赤垣屋の銘柄不明の銅の燗付器から注ぐ燗酒、バーザンボアのハイボールは大阪、神戸、銀座、京都の各店はさすがに変わらぬ味。古くはラ

1 comentario


traindeprata
traindeprata
11 mar

アーン マグレット 懐かしいですね。当時『膝上10cm』は衝撃的でした😊

Me gusta
bottom of page