top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

パラダイムシフト 1

更新日:2021年4月5日

1.アルトコイン、スマートコントラクト、トークン、ブロックチエーン、マイニング、イーサリアム、プロトコル、アルゴリズム、フインテック

2.マイクロバイオーム、サイトカイン、セロトニン、マイクロバイオータ、ペニリシリン、ヒトゲノム、プロバイオティクス、プレバイオティクス、

 いきなりですが以上のカタカナ語で聞いたことあるのはいくつぐらいあるでしょうか、この中には二つの分野の専門用語があります。テーマの「パラダイムシフト」というのは、これまで常識と思われていたもの、あるいは当然だと思われていた価値観が劇的にくつがえり、とんでもない社会が現れるという意味らしいです。僕は個人的に次の二つの分野でその「パラダイムシフト」が現れてくると思っています。

 一つ目は社会システムの「パラダイムシフト」です。はじめに書いた1.アルトコインからフインテックまでは「ブロックチエーン」といわれる新しいシステムの専門用語です。これは聞いたことがあると思います。数年前爆発的なブームを起こし世間中がざわついた、仮想通貨「ビットコイン」。それを支える技術です。

 しかし、これらの用語を理解しようと関係する本をいくら読んでも、ネットで調べても、この固い頭をいくら揉みほぐしても全く理解できません。それでも何故かこの技術が社会システムを大きく変革するだろうとの確信めいたものががあります。

 それは20数年前に遡ります。あの当時、パソコン通信というものにはまっていました。パソコンといってもパソコンはまだなかったのでワープロ機を電話回線につないでやっていました。その後パソコンを入手、そこで初めて「インターネット」というものを知りました。まだ世の中での認知度は低く、いろんな本で調べても全く理解できません。それでもとにかくつないでみようと何度も試した結果、これが「インターネット」というものか、とやっと少し理解できたところまで行き着きました。

 あれから20数年、「インターネット」がどういう理屈で成り立っているのかは知らなくても周りを見回すほとんどの人が携帯コンピューター「スマートフオン」を使いこなしています。隔世の感とはこのことか

 「ブロックチエーン」も20年いや10年後にはとんでもない世の中を作り出しているはずです。

 二つ目は医療技術システムの「パラダイムシフト」です。近年急激に増えたアレルギーやアトピーや肥満に、うつ病や自閉症という精神的疾患と思われた病気も実は人体に宿す膨大な細菌によるものだという研究結果があちらこちらで明らかになってきたようです。はじめに書いた、2.マイクロバイオームからプレバイオティクスまでの用語がこの分野の専門用語です。これもこれまでの医学界の通説をくつがえす大事件です。

 これまでの歴史で、人類を苦しめてきたものは感染症という、細菌、ウイルスとの戦いでした。それは、天然痘だったりスペイン風邪だったりコレラ、赤痢、あるいは結核のようなものだが、現在これらの菌は地球からなくなりました。それはペニシリンから始まる抗生物質のおかげだったようです。

 ところが、あまりにも便利なこの抗生物質を投与しすぎたために、現代病とか21世紀病とか云われるものがではじめました。今や国民病と云われる花粉症は昔はなかった。何故か

 最近このようなことに興味を持ち出しました。この二つの分野に関して、これからわかったことを書いていけたらと思っています。又ご意見があればなんでもお寄せください。 これからの社会ますます面白くなってくると思うとワクワクします。これ一番のアンチエイジングかもしれない・・・


閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クルーズ船のその後

人類の巨大建造物へのあこがれは地上から海上へわたったのか、クルーズ船べリッシマを目の前にしてそう感じる。きらびやかなエレベーターホールからの船室へはどこのホテルかと思わせ、船内を散歩してみると、高級店が並ぶ90mに及ぶプロムナードにはいくつものレストランやバーが立ち並び、まるで東京のおしゃれな一角がそのまま移ったような空間をみる。外へ出ると大小のプールやジャグジーと巨大なウオータースライダーも、さ

クルーズ船初体験

明日いよいよ”アレ”にのる。昨年から待ち望んでいた”アレ”である。MSCべリッシマというクルーズ船。昔でいう超豪華客船というのか、その“アレ”である。17万1千トンの巨大さは、タイタニック号の4万6千トンの約4倍になる。少々の氷山にもびくともしないだろう、といっても那覇発、宮古経由の台湾という航路では氷山はない、その変わり不穏な空気が漂う台湾海域にはミサイルや魚雷がいつやってくるかもしれない、それ

定年後

スーパーで時折見かける初老夫婦の買い物、定年を迎えた夫を従えるように堂々と店内を闊歩する奥方、夫の押すカートに慣れた手つきで商品を詰め込む姿を夫はただただ眺めるだけ、口を挟めばやり込められる。主従関係が逆転した形だ。 僕にはサラリーマン経験がないので定年を知らない、が、その経験者を多くみてきた。そのほとんどが定年後の夢を語っていた。我慢に我慢を重ねた40数年がすぎ、子供は巣立ち、家のローンも終わっ

bottom of page