top of page
検索
  • 執筆者の写真中山 孝一

わんぱく戦争

 復帰前の沖縄の子供たちはたくましかった。台風のさなかは防空壕に入ってるかのようにふとんにくるみ、真っ暗闇の中ぶるぶる震えていたのに、台風一過の翌朝は道路に乱れ飛んできた物品を拾い集めるのに奔走し、早朝の飲み屋街は、ビールのすえた匂いや、立ち小便の匂いが脳天ををつく、そんな路地裏にある酒場のすきまにあるジングワー(小銭)を探し集めたりした。

 

 極付は国境超え、沖縄にはあっちこっちにアメリカという国がある。フエンスは国境になる。僕らの近くにもそれはあった。現在新都心といわれているところは広大な米軍住宅基地だった。青々とした芝生の上に立つ立派な住宅街だった。その住宅街の奥に野球場があるとの情報が悪ガキ連中の耳にはいった。行動を起こすのに反対者はいなかった。僕らは国境付近の警備の薄れた時間を見計らい侵入に成功した。まるで勝者になったような気分で「わんぱく戦争」のマーチを口ずさみ、青い目のママさんやそばかすだらけの子供たちを尻目に堂々と行進した。そして、見つけた。外野は芝、バックネットやベンチのある野球場を、時間を忘れて野球に没頭した。気がつけばあたりが暗くなりだした。猛ダッシュで国境に向かった。が、そこにいたのはカービン銃を担いだMP達だった。あえなく捕獲された。真っ赤にして英語で怒鳴っているが何を言っているのかわからない。そばの通訳が言った。「おまえら、撃ち殺されてもいいんだな!」といっていると、直立不動の悪ガキから泣き声がもれてきた。帰りは暗い一号線をトボトボと歩いた。

 

 こんな思い出ががあるからではないが新都心という地域はどうも好きになれない、美術館の前にはパチンコ屋があり、日本銀行の前にはサンエーがあり、広大な土地の真ん中の公園は普天間基地を思わせるし、誰も歩かない立派な歩道橋が二つ、これもチャンプルーというのだろうか

 あの青々とした芝生のまま返還された方がよかったかもしれないと思うのだが


 

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

時の記念日に

ここ数年左手にはめていた電波時計が狂いだした。気候変動のせいか、安物のせいか。空のままの左手がなんだか寂しくなった。そこで次なる時計を考えてみた。別に時間に追われている生活ではないし、時計を必要としているわけではない、が、仕事に追われて時間を忘れていた頃よりも、時間が刻まれることが気になってくるのである。老い先短い心境というものか、時計の針の進みがどうも気になってくるのである。 あえて気にしょうと

泡盛泥棒

25年前のある日、とあるサケツクヤーのオヤジがいった。「今度の日曜、酒の空瓶4.5本洗ってうちの工場に持ってこい!」と、口の悪いオヤジはいつもこんな口調だ、新酒の試飲用かと思い、日曜の朝きれいに洗った一升瓶と三合瓶を数本もって工場へ出向いた。オヤジは入り口で猫と戯れていた。これ以上ないと思うぐらいの頑固な顔が見事にくずれていた。 二人は誰もいない暗い工場内を無言ですすんだ。木造の広い空間のすきまか

Comments


bottom of page