検索
  • 中山 孝一

ぼくと泡盛 8

 パソコンが今の生活に必須のツールになる前はワープロ機というものが欠かせなかった。初めてワープロ機を使った時、美しく印字されて出てきたA4用紙には感動したものだ。そのワープロを細工すれば通信機能が付いていることがわかった。「ワープロ通信」とか「パソコン通信」といわれていた。今では懐かしいがインターネットが始まる前は知る人ぞ知る世界で、あれはあれでなかなか面白いものだった。それ以前はアマチュア無線なるものも大流行りしていたなー。いま、周りに見えるものすべてが、当時と比べて技術の進歩に眼を見張るものがある。まだ30年も立っていないのに、これもまだ一過程なのか。ただし、それがいいか悪いかは人間が正しく使いこなせるか否かの話だが・・・  

 そのワープロ通信だが、せっかく通信できるのであればそれを生かせないかと考えた。その時分泡盛に関心を持ち出していた。そうだ!泡盛についてのことを発信しようと考えた。

 ワープロ通信というのは色々約束事が多く、まずホストサーバーを選ぶ、そこを通してしか通信できない仕組みになっている。そのホストを富士通が運営している「ニフティサーブ」というものにした。その中のコンテンツの一つに電子会議室というものがあった(今流行りのWEB会議とは全く異にする)。同じ趣味の人らがワープロ上で語り合うというオタク集団の会議室というか、その中に、”日本酒・焼酎の会議室”というものを見つけた。お酒の大好きな集団の会議室だ、さすがに一家言もった連中ばかりだ。

 各蔵元を見学するたびに泡盛日誌なるものをつけていた。それを「泡盛工場見聞録」というテーマで、この会議室に発信できれば泡盛の認知度も少しは上がるのではと期待した。

 最初の見学先は「識名酒造(時雨)」だった。当時のノートを見ると、興奮している様子が汚い字で描かれている。運良く発酵中のタンクに出くわし一番息づいている頃だったのか、「泡のぶくぶくに微生物の息づかいを感じ、なんとも言えない神秘性に時間を忘れるぐらいタンクに張り付いた」とある。その後も、次々に見学した蔵元の様子を発信していった。

 ところが、今思うと赤面のはなしだが、その電子会議室にもルールがあった。それは、適当な文面でやり取りを行なわないといけないこと、あくまでも会議なのだ。それを知らないぼくは適当ではなく、長文をだらだらと書いていたのだ。それは、他のメンバーが会話している間に無理やり入り込み、勝手に一人で演説を始めたようなものだ。思い出しても恥ずかしいことこの上ない、その後すぐさま詫びを入れた。

 しかし、その会議室のシスオペ(システムオペレーター、会議室の運営者)の方の、投稿を楽しみにしているからこれからも発信してください。という優しいメールに救われた。だが、それ以来投稿は遠慮した。

 しかし、この発信のために各蔵元をまわるところから、次の展開を考え始めた。それは、沖縄観光に泡盛をつなげられないかという発想だった。

 本土からの観光客が増え始めた頃だった。本島のみならず八重山、宮古、久米島ら離島へのコースもあった。それならば、各地にある「泡盛工場を訪ねよう!」というコースも加えていいのではないか、さらに「全島46泡盛蔵をめぐるスタンプラリー」ということも行い、全スタンプを集めれば、何十年物かの古酒(クース)甕をプレゼント!なんてことも考え、勝手に夢をふくまらせていた。  つづく


閲覧数:51回1件のコメント

最新記事

すべて表示

今年1月31日、ジュンク堂で本を物色していたら、知の巨人と云われた、立花 隆の「自分史の書き方」という本が目に入った。知の巨人にしては意外なタイトルだな、と思いながらもパラパラと捲ると、時間を忘れるぐらいの立ち読みをしていた。この時点で次なる行動は決まった。翌2月1日から、「自分史」を書き始めていた。本棚を見ると、某新聞社が出した「自分史テキスト」なるものがあった。数年前に購入しているが中には何も

イソップ物語ではない。僕がかれこれ40年ぐらい通っている、ジャズライブの店「ライブイン寓話」の寓話である。時は1980年、友人が良い店があると連れて行ったところが、当時東町にあった「寓話」。約6坪ほどの小さな空間のほとんどをグランドピアノが占めていた。5席ほどのカウンターに4人がけのボックスが一つという、こじんまりとした店だった。友人がいう良い店というのは、カレーが実にうまい、ということだった。確

おふくろという言葉は、もはや死語だろうか、「おふくろの味」となれば更に遠く、昭和の匂いがしてくる。あの当時「やっぱ、おふくろの味が最高だよな」とか「これ、うちのおふくろの味にそっくりだ」とか、やたら「おふくろの味」のフレーズが聞かれた。一説にはマザコン男子の特許とも・・・否めない そもそも、「おふくろの味」という実態はなく、その味は千差万別、それぞれが持つ記憶が、味の決め手となる。最近の調査では若