検索
  • 中山 孝一

ぼくと泡盛 8

 パソコンが今の生活に必須のツールになる前はワープロ機というものが欠かせなかった。初めてワープロ機を使った時、美しく印字されて出てきたA4用紙には感動したものだ。そのワープロを細工すれば通信機能が付いていることがわかった。「ワープロ通信」とか「パソコン通信」といわれていた。今では懐かしいがインターネットが始まる前は知る人ぞ知る世界で、あれはあれでなかなか面白いものだった。それ以前はアマチュア無線なるものも大流行りしていたなー。いま、周りに見えるものすべてが、当時と比べて技術の進歩に眼を見張るものがある。まだ30年も立っていないのに、これもまだ一過程なのか。ただし、それがいいか悪いかは人間が正しく使いこなせるか否かの話だが・・・  

 そのワープロ通信だが、せっかく通信できるのであればそれを生かせないかと考えた。その時分泡盛に関心を持ち出していた。そうだ!泡盛についてのことを発信しようと考えた。

 ワープロ通信というのは色々約束事が多く、まずホストサーバーを選ぶ、そこを通してしか通信できない仕組みになっている。そのホストを富士通が運営している「ニフティサーブ」というものにした。その中のコンテンツの一つに電子会議室というものがあった(今流行りのWEB会議とは全く異にする)。同じ趣味の人らがワープロ上で語り合うというオタク集団の会議室というか、その中に、”日本酒・焼酎の会議室”というものを見つけた。お酒の大好きな集団の会議室だ、さすがに一家言もった連中ばかりだ。

 各蔵元を見学するたびに泡盛日誌なるものをつけていた。それを「泡盛工場見聞録」というテーマで、この会議室に発信できれば泡盛の認知度も少しは上がるのではと期待した。

 最初の見学先は「識名酒造(時雨)」だった。当時のノートを見ると、興奮している様子が汚い字で描かれている。運良く発酵中のタンクに出くわし一番息づいている頃だったのか、「泡のぶくぶくに微生物の息づかいを感じ、なんとも言えない神秘性に時間を忘れるぐらいタンクに張り付いた」とある。その後も、次々に見学した蔵元の様子を発信していった。

 ところが、今思うと赤面のはなしだが、その電子会議室にもルールがあった。それは、適当な文面でやり取りを行なわないといけないこと、あくまでも会議なのだ。それを知らないぼくは適当ではなく、長文をだらだらと書いていたのだ。それは、他のメンバーが会話している間に無理やり入り込み、勝手に一人で演説を始めたようなものだ。思い出しても恥ずかしいことこの上ない、その後すぐさま詫びを入れた。

 しかし、その会議室のシスオペ(システムオペレーター、会議室の運営者)の方の、投稿を楽しみにしているからこれからも発信してください。という優しいメールに救われた。だが、それ以来投稿は遠慮した。

 しかし、この発信のために各蔵元をまわるところから、次の展開を考え始めた。それは、沖縄観光に泡盛をつなげられないかという発想だった。

 本土からの観光客が増え始めた頃だった。本島のみならず八重山、宮古、久米島ら離島へのコースもあった。それならば、各地にある「泡盛工場を訪ねよう!」というコースも加えていいのではないか、さらに「全島46泡盛蔵をめぐるスタンプラリー」ということも行い、全スタンプを集めれば、何十年物かの古酒(クース)甕をプレゼント!なんてことも考え、勝手に夢をふくまらせていた。  つづく


34回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

絵を描く日常

コロナ禍で孫をみる機会が増えた。が、その対応に戸惑うばかりか、体力の衰えが身に沁みる。抱っこで腰にくる、走り回られると膝にくる。だからどうにか楽しようとテレビを見せる。「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあ」を大量に録画して、それに飽きたら携帯で「YouTube」を見せる、呆れるほどの手抜き孫守りをやっていた。 そんな状況を見かねて保育士の娘からダメ出しを喰らった、ここは素直に手抜きを認めた

ぼくと泡盛 10

「竜宮通りが泡盛村へ」の記事は結構な反響があった。しかし竜宮通りのママさんたちはそれより日々の売り上げが大事、今更泡盛のことを勉強しても、と毎月の勉強会には参加してくれるがなかなか身が入らない様子だった。確かに学校の授業と一緒でお話しを聞くだけでは楽しくもなく、泡盛がどうやってできるのか、その歴史なんてのはイメージが湧くはずがない、お話ししていただいた方々はどの方も業界の第一人者だが、ママさんたち

ぼくと泡盛 9

平成8年9月2日の琉球新報に「竜宮通りが泡盛村へ」という記事が出た。今から24年前にのことだ。 その経緯は、泡盛の知名度をなんとか上げたい気持ちが強くなり、あれこれ模索していた頃、ふと湧いたアイデアだった。そうだ!「竜宮通り」を「泡盛村」というイメージで泡盛を発信できないか、それがうまくいけば、竜宮通りの活性化にもなり一石二鳥だと そして動いた。当時竜宮通りは49軒の店があった。各店舗と47の酒造

© 2014 by KOZAKURA        

  • Instagram
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic