検索
  • 中山 孝一

ぼくと泡盛 5

 入手困難だった酒のもう一方の、宮里酒造の「春雨」について話そうと思います。那覇には7箇所の銘柄がある。首里に「瑞泉」「瑞穂」「崎元」「時雨」の4箇所、那覇近郊には「太平」「那覇の久米仙」と、この6箇所は見覚え聞き覚えがあったが、「春雨」というのは全く耳にしたことがなかったし、見たこともなかった。が、しかし「小桜会」で全ての泡盛を集めると謳ったからには、何がなんでも揃えなければいけない使命がある。と意気込んだ。目にしたことがないということは、どこの酒屋の店頭にもないということ、これは、津嘉山酒造のような休業中なのかと思い宮里酒造所に電話した。すると、電話口から聞いた言葉は一言「何にもないよ!」だった。 仕方ない「春雨」はやめにしようと諦めた頃だった。

 小禄に「泡盛館」という泡盛専門の店がオープンした。現在のイオン(あの頃は琉球ジャスコといった)のあたりだ、当時の小禄金城地域は軍用地の解放がされた直後で、だだっ広い空き地が広がっていた。そこに県内初の泡盛専門店がポツンと現れた。マスコミも大騒ぎした。なかでも泡盛館が目玉にした「この一升瓶の泡盛一本百万円也!」の記事はかなりのインパクトを与えた。オーナーの宮城昭義さん得意のパフオーマンスだった。この「泡盛館」、現在は首里寒川に移り、宮城昭義館長もさらにパワーアップして泡盛文化の発展に大いに活躍されている。

 ところで「春雨」だが、その「春雨」が偶然この泡盛館で見つかったのである。当時、宮里酒造は普段は作らなく、年一回の鑑評会のために力を入れていたという。泡盛館には「春雨」が、過去に「県知事賞」に入ったものが数本あって、その一本を手にいれた。結構いい値がついていたので一本にした。

 晴れて沖縄県の泡盛全46種が揃うことになった。手作りの酒棚を作り、46本並べると実に壮観だった。今では全然珍しくはないが、当時これだけの泡盛が一堂に並べられる光景はそうなかった。第4回目の「小桜会」は無事成功裏に終わったことはいうまでもない。

 やっと手に入った「春雨」はその後、普通に酒屋の店頭に顔を見せるようになった。しかし、あの「何にもないよ!」の一言がずっと気になっていたので一度工場を訪ねてみた。住所は小禄だが、周辺を歩く地元民らしき人に聞いても誰も知らないという、看板もないし、それらしき建物もない場所をぐるぐる回っていると、なんと目の前にあった。入り口は普通の赤瓦の一軒家、その側は雑草に囲まれた凸凹土の駐車場、その奥に暗い建物がある、入り口には猫がいた。そこが宮里酒造所だった。

 ある日、「醸界飲料新聞」の仲村征幸さんが小桜へ、目つきが悪く、口が悪く、しかも、やたら態度がでかい、どこをみても印象の悪い人を連れてきた。「中山くん!この人が宮里酒造の社長だ!」といった。すぐに納得した。あの時聞いた電話の声はこの人に間違いない、「何にもないよ!」は宮里社長だった。

 その後、話しているうちに、泡盛一筋、純粋に泡盛に人生をかけている風が伝わってきた。その職人気質の一面を見て悪印象が好印象に変わっていった。ただし、口の悪さをのぞいて

 宮里社長の自宅が小桜と近いこともあって、宮里社長は小桜の常連になる。来られる日は必ず電話がある。第一声は決まってこういう、「おい、バカヤローこうちゃん、今日いくぞー」である。?????


30回の閲覧

最新記事

すべて表示

「自助・共助・公助」について考えた

コロナ騒動の渦中にいつのまにか総理大臣が変わった。その総理大臣が政策理念として「自助・共助・公助」というものを掲げた。その意味をネットで調べるといろいろ書かれていた。要は自分のことは自分で責任を持つこと、それができなければ家族や親族、近隣の方々に助けを得る、最後にどうしようもなくなったら国が手助けしよう。という流れでしょうか、ネットで見ると、社会保障の観点からや防災の面でこの言葉の解釈が目立つが、

絵を描く日常

コロナ禍で孫をみる機会が増えた。が、その対応に戸惑うばかりか、体力の衰えが身に沁みる。抱っこで腰にくる、走り回られると膝にくる。だからどうにか楽しようとテレビを見せる。「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあ」を大量に録画して、それに飽きたら携帯で「YouTube」を見せる、呆れるほどの手抜き孫守りをやっていた。 そんな状況を見かねて保育士の娘からダメ出しを喰らった、ここは素直に手抜きを認めた

ぼくと泡盛 10

「竜宮通りが泡盛村へ」の記事は結構な反響があった。しかし竜宮通りのママさんたちはそれより日々の売り上げが大事、今更泡盛のことを勉強しても、と毎月の勉強会には参加してくれるがなかなか身が入らない様子だった。確かに学校の授業と一緒でお話しを聞くだけでは楽しくもなく、泡盛がどうやってできるのか、その歴史なんてのはイメージが湧くはずがない、お話ししていただいた方々はどの方も業界の第一人者だが、ママさんたち

© 2014 by KOZAKURA        

  • Instagram
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic