© 2014 by KOZAKURA        

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic

みそぴー

web shopはじめました。

April 2, 2019

 

 公害という言葉はすでに死語になったのか、最近とんと聞かなくなった。昭和30年代の日本は経済成長一直線で突き進み、戦争で受けたストレスを一掃するかのごとく国民は猛烈に仕事をした。それを高度成長時代といった。当時の池田勇人総理大臣が給与倍増計画などと打ち出したものだから、なおも拍車がかかり猛烈に働いた。

 そのつけがしばらくして、公害をいう問題を起こした。工業技術では世界でもトップをいく日本は工業生産に力をいれる。どこもかしこも煙突の大きさを競うように何某の大工場が立ち出した。それは日本の発展を期待させる象徴だった。煙突からの煙は空を真っ黒に覆う、排水は川という川に垂れ流し海にまで達する。それでもがむしゃらに働いた。

 じわりじわり人間と自然を破壊にと追い詰めていることを誰も気づかなかった。とにかく金を優先した。企業も仕事人も、その利益共同体の姿を日本株式会社と言わしめた。

 僕はその工業地帯の真ん中で生まれた。阪神工業地帯の尼崎、ここには神戸製鋼、住友重金や久保田鉄工、旭硝子や、家の近くには塩野義製薬があった。当然空は真っ黒の日々、近くを流れる神崎川は日本一汚い川の汚名がついた。これは当たり前のことだったのか、僕は喘息になった。

 その後、家族は公害のない沖縄に住み着いた。いつのまにか僕の喘息は消えていた。喘息ならまだ全然楽な方だった。あれからの日本は一大公害列島になる。いたるところで原因不明の病気が現れた。医学界でもわからず、手がつけられず、被害者は悶え苦しみ死んでいく、という地獄絵が出現したのである。にも関わらず国や企業の責任論は浮上しなかった。

 数人の学者が立ち上がった。その筆頭が、東大で化学専門の助手をしていた宇井純先生である。官僚学者がはびこる東大こそが日本を悪くしていると息巻いて、教授の力があるのに助手の立場で東大解体運動をしていた強者なのである。故に、この公害問題でもその熱血漢ぶりを遺憾なく発揮した。兎にも角にも、市民に公害とは何かを、知らしめるべきだと、公害自主講座を東大内で開いた。ここで初めて、熊本の水俣病、富山のイタイイタイ病等が世間に知れ渡ることになる。

 そうした地道な運動がやがて国を動かし、企業を動かすことになる。国は公害防止法なるものを制定し、企業もやっと重い腰を動かしはじめ、賠償問題にも取り組み出した。その後は公害を引き起こす企業は反社会的なレ...

April 2, 2019

 

 グリーンブックとは映画のタイトル、久々にいい映画を見た。内容は、黒人の高名なピアニストが長期にわたりアメリカ南部を巡り演奏会のツアーを行う、それにともない運転手兼用心棒役を募る。そこにあるバーの用心棒だった。イタリア系の男を雇う、繊細なピアニストとがさつなイタリア男との奇妙な旅が始まる。というもの。

 時は1962年頃だから、まだまだ南部では人種差別激しく、黒人が踏み入れるというのは相当なリスクを強いられる。そこを敢えていくところにこの映画の見所がある。人種差別問題の突破口を開くという主人公の勇気を捉えている。この映画は事実に基づいているという。

 映画では随所に人種差別のあまりにも理不尽な光景が見られる。映画のテーマである、「グリーンブック」というのは、当時の黒人専用の旅のガイドブックという。全米で黒人専用の宿泊所、レストラン等が書かれてあり、そこへ行けば安心、それ以外ではどうなるかわからない

 人間は生まれた時からすでに差別に見舞われている。とはよくいわれる。容姿の差、貧富の差、才能の差、等、多かれ少なかれ差別はある。しかし多くは自分自身の理解と努力で越えられるもの、このようにアメリカでは国の制度ですでに人種差別は無くしているはずなのに、未だに黒人排他の風潮が根強く残ることに大きな違和感を感じる。

 私が住むこの沖縄でも、未だに日本国による差別にあえいでいる現状がある。明治に日本国より強制的にかつての琉球王国が処分され日本に組み込まれた。それは納得のいかない屈辱の処分だった。かつて一国をなしていた琉球は、あらゆる権利、文化、言語、教育等全てが剥奪され明らかに差別を強いられた。沖縄人は土人と言われた。

 それは現代でも続く、辺野古基地でのこと、いつものように反対派と権力側との小競り合いのさ中だった。ある大阪府警の警官が、地元住民に対し、「この土人が!」と発したという。警官は処分された。が、それで済む問題ではないということは明らかだ

 なぜこのような理不尽が近年でも起こるのか、誰の責任かを問う声がない、国の責任者はいつも口を濁らせる。この映画を見て思う。今日本国が沖縄に対して行う扱いは、アメリカでおこる、黒人への人種差別と同じようなものではないかと、根強く残る、日本と沖縄の違い、あらゆる意味でのこの違いが国の強固な政策に歯止めをかけない、アメリカのように、国民がその国民を差...

April 1, 2019

 新元号が今日発表された。それは、”令和” という、れいわと読む。なんでも万葉集から引き出されたようで、いまいちピンとこないが、ま、そのうち慣れることだろう、平成もそうだった。

 

 今回は現天皇がなくなる前に、新天皇に引き継ぐという事態が生じたので、こういう騒ぎが起こった。新天皇は皇太子の浩宮、雅子さんが皇后になる。

 日本国の憲法では、天皇は、日本国及び国民統合の象徴、ということになっている。象徴というのは、形のない抽象的なものを形のある具体的なものにおきかえたシンボル、とある。よくいわれるのが、花は美しさの象徴とか、鳩は平和の象徴(シンボル)である、とかが代表的

 だから、天皇は日本という国及び日本人総体を表し、それを具体的にした存在ということになる。が、実にわかりにくい存在になる。

 こういうことを考える日本人はどれだけいるだろうか、僕の孫が小学生ぐらいになった時、天皇陛下とはどういう人物?と聞かれれば、なんと答えればいいのだろうか

 戦前まで天皇は神だった。戦争に負けてから神から人間になった。人間天皇になった。1945年以降だからそんなに遠くない過去である。それまで天皇は現人神であった。そのことを本当に日本国民は信じていたのだろうか、この戦争は天皇の名の元で行った。それは神の声だから逆らうわけにはいかない、だから、皆が天皇陛下、万歳!といって死んでいった。といわれるが・・・

 長い間、天皇とその戦争責任についての議論が行われていた。ここ沖縄では昔より天皇制については馴染みがない、そんなところに何故あれだけの犠牲を強いることができたのか、逆に天皇制に馴染みがない地域だからこうなったんだ、とも取れる。沖縄の地から天皇制を考えると面白いかもしれない、と言ったら不謹慎か。

 初めての天皇が神武天皇、アマテラスオオミノカミの子孫だから神代からきた神であるはずが歴史ではここから人間になっている。ここから天皇家は人代になる。だからここからの天皇の立場は神と人間の間をとりもつということになる。これまでの天皇の役目は全ての国民の安寧を神に託すこと、それを神事という形で行うことが天皇の役目だとある。

 天皇が政治に首を出すということはこれまでなかった。それが昭和になり、国に異常な事態がはしり、空気が一変した。日本国民の多くが大勘違いをしてしまい、いや、無理やりさせられてしまい、考えると実にバカ...

Please reload

最新記事

April 1, 2019

March 15, 2019

March 8, 2019

March 1, 2019

February 13, 2019

February 7, 2019

January 22, 2019

January 19, 2019

January 12, 2019

February 6, 2017

November 15, 2016

September 27, 2016

September 14, 2016

September 13, 2016

September 1, 2016

August 14, 2016

August 10, 2016

Please reload