© 2014 by KOZAKURA        

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic

みそぴー

web shopはじめました。

January 25, 2019

 

 先日から、改めて、大浜 聡さんの「国際通り物語」を読んでいる。氏の取材力には読むほどに驚かされる。誰と誰がいつ、どの時間で、どういう会話があったのか、そしてどうなったのか、まではいい、普通はそこで終わる。しかし、それが本当であったのか、当時の文献、資料をとことん検証していく、その徹底した取材精神には恐れ入る。

 もう一人似たようなかたがいる。共同通信の論説委員で、現在二度目の宮崎支局長をしている、上野敏彦さんだ。上野さんの取材力もすごい、少しの話でも、すぐさま図書館に向かい検証する。この二人に共通点がある。フエイスブックでの書き込みが尋常ではない、一日に何度となく書かれ、写真もふんだんに載せられる。そこに真のジャーナリスト精神がみえる気がする。

 

 「国際通り物語」の中で引用された本で気になるものが二冊あった。一冊目は船越義彰氏の「なはわらべ行状記」、二冊目は牧港篤三氏の「幻想の街・那覇」である。以前からどうしても読みたかったが、両方とも廃版になっていたので、諦めかけていた。

 先日、たまたまジュンク堂へ寄ると、ロビーで、新春古書展という企画が開かれいた。もしかすると、と、この二冊を探してみた。沖縄関係の書が並ぶ棚を、注意深く目を皿にして探した。 程なく、「なはわらべ・・・」は見つけた。次に「幻想・・」、これは見当たらないので、古書店の主人に聞いてみた。本のイメージがあるので探してみましょう。と言って、探し始めた。が、やはり見つからなかった。

 古書店の主人というのは本が本当に好きなようだ、その店主は次に、近くにある古書店に電話して在庫があるかを確認してくれた。僕がこの「幻想・・」をよほど手に入れたいのだ思ってくれたのだろう、その動きを嬉しく眺めていた。電話の先は近くのうららという、沖縄一小さな本屋というので有名な店。そこなら知ってるから直接行ってみますといって、うららに向かった。

 うららは以前から気になっていた店だった。ついてもすぐには事情を明かさず店内を見回した。といっても棚が四つくらい、本好きな人間が、家の古い蔵書の書棚をそのまま持ってきたような古本屋だ。探しても見当たらないので店主に聞くことにした。するとすかさず、いまジュンク堂から、お探しの本があったと連絡がありました、という。すぐジュンク堂へ戻った、先ほどの店主が大事に取り置きされ、えらく恐縮されていた。

 こ...

January 22, 2019

 

 4年前、同級生が小さい飲み屋を開いた。今僕らは66歳だから、62歳の時の英断だ、奥さんにも黙って、勝手に開いた。そこにいけば誰か同級生がいる。とってもありがたい存在だ。

 その前にも同級生がやっていた店があった。そこは5年前、開店して30年を前に閉店した。開店当初はものすごく繁盛していた。もう一軒繁盛していた同級生の店もあった。がそこも閉じた。

 同級生の店はなかなか儲からない、なぜか、それは同級生が来るから、同級生は客にはならない、あくまで同級生なのだ、同級生の店には同級生しかこない、だから儲からない、同級生のサロンになる。皆が昔の学生時代の話で盛り上がる。それも、何度行っても同じ話で、だから儲からない。それをわかっているのわからないのか、店を出す。

 だから、とってもありがたい、先日も久々に行った。新年の挨拶を同級生にやるには手っ取り早くできる。この歳になると、生存を証明しなければいけない、俺はまだ生きてるぞーっと!

 話はこの年にありがちな話で盛り上がる。誰それの噂だ。誰は脊柱狭窄症、誰は脳梗塞、誰はなになにガン、誰は生活保護に入った。とかとか、隣の彼も目がやられ、自分で酒を作れず、肴を摂る手もおぼつかず、と言う程だった。いつのまにか65歳の二度目の定年をむかえて、それぞれの人生が大きく変化する。

 でも、やはり同級生の集いは楽しい。これまで多くの鎧を被せながら駆け抜けた社会での事柄を、全て忘れさせるし、そういうことを払拭させる力を同級生は持っている。一瞬にして過去に戻らせてくれる。現在進行形ではなく過去進行形になる。やはり気になるのは当時の女子のこと、この話は永遠に続くのでは、と思うぐらい、懲りない男の子たちがいる。

 この歳になって、酒場をやる覚悟は相当なものだと感服する。それは長年自分が経験したからだ、飲み屋というのは難しい、それはあくまでも人間関係の最たる環境に首をつっこむということだ、よくいう、会社を辞めた理由はと、それは人間関係がうまく行かなかったからです。と、ほとんどそれではないかと思うぐらいだ、それほど人間と人間の関係がうまくいくことが難しいことなのだ、それをあえて、この年でそこに入っていくのは相当な覚悟が必要だと思っている。

 この人間関係の難しさを乗り越える方法がある。それは、笑うしかないと思うのである。人間生れて来たら、死ぬしかない、今東光おっしゃ...

January 19, 2019

 小桜のメニューにみそぴーというのが昔からある。いつの頃から出だしたのかは定かではないが、かなり以前から存在していた。僕が小桜に入った頃の突き出しは、小禄に住んでいた、大川さんが作る、ピーナツ豆腐とみそぴーかどちらかだった。みそぴーは小さい小鉢にたっぷり入っていた、多すぎて残す人が多かった。その頃は馴染みも薄く、名前もなかった。材料は奄美大島で作られる粒味噌とピーナツ、そして砂糖、これだけ。作り方はいたって簡単、まず皮付きのピーナツを油で揚げる。揚げたピーナツと粒味噌に砂糖をかけ、弱火の中ひたすら混ぜ合わせる。みそにピーナツがまとわりつくと完成となる。

 あの当時、味噌もピーナツも徳之島から送られて来たものだった。特に何も特産物がない島から親戚らが送って来た時だけに作る。だから常時あるメニューではなかった。

 ある日、内地から来た観光客が、突き出しとして出したみそぴーを食べ、いたく感動して、これは何というメニューかと聞いて来た。こちらは名前はなく、奄美地方で各家庭で食べられる惣菜なんです、としか答えなかった。じゃ、僕らが名前をつけようということになり、当時流行タレントの、酒井法子こと”のりぴー”にちなんで、味噌とピーナツだから、”みそぴー”にしようということになり、今に至る。

 その後、徐々に小桜の定番メニューになってくる。しかし、各材料の量が定まっていないので

味が一定しない、すぐ固まって食べにくくなる。という問題があった。ある日、ある食品会社から100個の大量注文があった。食品展に出品するという。これはチャンスだと思い、売れる商品になるようにと、色々考えた。まず一定の味を出し、食べやすくするにはと、各材料の量を決めた。そして何度も試作を重ねた。もうこれ以上みそぴーは見たくないという程の試作を重ねた結果、ほぼ満足のいくみそぴーができた。そしてパッケージの見栄えもと、市中に出回る商品を参考に、オリジナルのデザインを手がけ、印刷会社にラベルを作らせた。かなり見栄えのいいものに仕上がった。

 あとは、作るのみ。段取りよくやろうと備品も新たに揃え、作業に取り掛かる。母と姪っ子と三人が小桜で、作る、冷やす、詰め込む、ということを数時間必死にやった。

 結果、出品した100個は全て完売した。努力が報われた。

 あの時のことがないと今のみそぴーはない。いたって簡単といったが、実はそうではない...

January 12, 2019

「のんびりする」「ぶらつく」「目的もなくゆっくりうろつく」ということを、自転車ですることを和製英語でポタリングというらしい

 家を出てどこを行こうというあてもなく、とりあえず漕いでみる。平坦な道を選ぶ、近場から漕いでみると、だんだん目的が見えて来た。海を見に行こう、前島から若狭方面に、若狭小学校でサッカーを見て、うみそら公園へ、壁でボール付きをやる中年、バスケをやる青年、浅瀬で釣りをする人、そうだ、ここでラケットとボールを持って来てテニスと壁打ちをやり疲れたらビール片手に読書をすればいいんだと、また一人遊びのメニューを思いつく。波の上神社では中国人や、初詣の人でいっぱい。そういえば今日、成人式だと気づく、帰りに母校の那覇中よる。振袖の初々しい女子と、頭を丸め、眉を剃り、ハチマキに刺繍をあしらった袴のいつもの連中もうろちょろしている。校門前には昔、そういう姿をしていたことを忘れ、今は正義感ヅラをしている、親父の会、の連中が、いかにも騒ぎは許さんぞーという構えを見せている。

 袴の連中に「おめでとー!」というと、照れ笑いながらも、大きな声で「ありがとうございます!」と来た。実に素直な表情がいい、振袖の3人にもおめでとー!というと、実にいい笑顔で感謝の言葉が返って来た。成人式はこうでなくてはいけない、監視するよりどんな姿でも、これからの人生にエールを送らなければ。成人式の青年と監視の親父たち、20年後は、この青年たちもこんなオヤジになっていくのか、と想像すると、思わず声を出して笑ってしまった。

 ポタリング。いいものだ、たまには目的もなく”ゆっくりうろつく”のも、今までの人生をゆっくり振り返る。先日、ポタリングとは違う自転車を漕いで見た。はっきりした目的のあることで

 その朝銀行に住宅ローンの残額を確認、8月で終わる借金の残金を一括で整理しょうと思った。3時に近いので歩くより自転車だと懸命に漕ぎ、まず口座のある銀行でほぼちょうど下ろし、支払う銀行に向かった、予想通りの窓口のもたもたにイライラしながも、整理はついた。

 帰りの自転車は来た時より、ペダルは軽い。これからどこ走ろうかとも思ったが、いや、まずは一杯だろうと、とにかく家へ、その前に妻へ報告、重い肩の荷がおりたことの・・・30年の

 

 ポタリング、これからはこれでいこう、”のんびりする” あくせくしない、力を抜いてゆったりと事に...

January 8, 2019

 昨年末だから、平成30年、最後の平成の暮れを迎えた時、部屋の改造をしたところ、眠っていた。デルのパソコンが復活した。嬉しかった!、そこには約10年ほどの思い出が詰まっている。

 去年のある日、いつものように起動させたら、いきなり轟音ともいえる音とともに、一切の反応を示さなくなった。それ以来新しく買った慣れないマックを使用していたが、諦めきれず何度も、目覚めよデル!との思いで、試したがダメだった。

 僕のパソコンの歴史は古く、まだ世の中がワープロが主流の頃だから、平成7年ごろ、国際通りに、珍しくアップルショップがあった。今のドンキホーテの隣だ、何気に覗くと、可愛い女性が一生懸命に説明してくれた。何おかいわんすぐローンを組んだ、パフオーマというシリーズだった。どうしてあの時パソコンが欲しくなったのか、それはその前にナショナルのワープロ、パナソニックを使っていた。竜宮通りの事務関係などで必要だし、自分のアイデアをアウトプットするには便利なツールであった。そして単なるワープロ機能だけではなく、これで通信も可能ということを知り、雑誌や本などで調べ、ワープロ通信なるものを始めた。

 

 まず、ベスト電気で電話回線の工事を、と言っても、古いタイプをモジュラーにするだけ、簡単な作業だが、かつての日本電信電話公社はこういうことでも、高圧がかかる危険があるのでと、一般人には触らせようとはせず、工事費をふんだくるのである。回線の取り換え部品がベスト電器に普通に売られているにも関わらずだ、ここで世の中の不可解さの一端が見えた。

 そして、次に設定に入る。ワープロから、通信に関する約束事を、数値にして打ち込む、プロトコルというやつだ、専門誌とにらめっこしてしぶとくやった、次に通信を運営する会社へ登録する。当時の大手は富士通のニフティサーブとNECのPVバンというものがあった。ニフティーにした。確か登録料が1万ほどだった。ここまでするとうまくいくとオンラインできる。

 その結果は、一発で入ることができた。根性なしの僕がよくここまでと、自分で自分を褒めた

これから何をするのか、ここが問題、いわゆるコンテンツだ、その当時から泡盛に興味を持ち出し、各社の泡盛を集めだし、味も比較しだした、なぜみんな、久米島の久米仙と菊の露だけでこと足りぬのか、という疑問があった。好奇心はどんどん膨らみ、各蔵元を訪ねた様子、協同組...

Please reload

最新記事

April 1, 2019

March 15, 2019

March 8, 2019

March 1, 2019

February 13, 2019

February 7, 2019

January 22, 2019

January 19, 2019

January 12, 2019

February 6, 2017

November 15, 2016

September 27, 2016

September 14, 2016

September 13, 2016

September 1, 2016

August 14, 2016

August 10, 2016

Please reload